吉川忠夫

吉川 忠夫(よしかわ ただお、1937年1月5日 - )は、日本東洋史学者。京都大学名誉教授日本学士院会員。専門は中国中世思想史。父は中国文学者の吉川幸次郎

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月
吉川 忠夫
人物情報
生誕 (1937-01-05) 1937年1月5日
日本京都府
出身校 京都大学
学問
研究分野 東洋史
研究機関 京都大学

来歴

京都府出身[1]。1959年京都大学文学部史学科を卒業、1964年同大学院文学研究科を単位取得退学。東海大学文学部講師、京都大学教養部助教授を経て、1974年、京都大学人文科学研究所助教授。1984年に同教授となり、1991-1993年、同所の所長を務めた。

2000年に京大を定年退官し、名誉教授の称号を受け、同年、花園大学客員教授、国際禅学研究所所長となった。のちに龍谷大学文学部教授を経て、同客員教授。

2006年に日本学士院会員となる。2009年1月の「講書始の儀」で「後漢六朝時代における中国人の仏教受容」を進講した。同年9月より東方学会会長に就任(2011年秋まで、現在は顧問)。2013年文化功労者

著作

単著

  • 劉裕人物往来社<中国人物叢書3>、1966年 / 中公文庫、1989年 ISBN 4122016711
  • 王羲之 六朝貴族の世界』清水書院「人と歴史シリーズ」、1972年
    清水新書017(新装版)、1984年 / 新・人と歴史05(新訂版)、2017年
  • 侯景の乱始末記 南朝貴族社会の命運』中公新書、1974年
  • 『六朝精神史研究』同朋舎出版<東洋史研究叢刊36>、1984年
  • 『中国古代人の夢と死』平凡社選書、1985年 ISBN 4582822894
  • 『秦の始皇帝』「中国の英傑1」集英社、1986年 / 講談社学術文庫、2002年 ISBN 4061595326
  • 道教の周辺』平凡社、1987年 ISBN 458220841X
  • 『古代中国人の不死幻想』東方書店〈東方選書〉、1995年 ISBN 4497954463
  • 『三余録 余暇のしたたり』中外日報出版局、1996年 ISBN 4795217262
  • 『風呂で読む 竹林の七賢世界思想社、1996年 ISBN 479070632X
  • 『中国人の宗教意識』創文社<中国学芸叢書5>、1998年 ISBN 4423194112
  • 『読書雑志 中国の史書と宗教をめぐる十二章』岩波書店、2010年1月 ISBN 4000241494
  • 王羲之 六朝貴族の世界』岩波現代文庫、2010年10月 ISBN 4006002432。関連論考を増補
  • 顔真卿伝 時事はただ天のみぞ知る』法蔵館、2019年1月
  • 『侯景の乱始末記 南朝貴族社会の命運』志学社選書、2019年12月。論考「史家范曄の謀反」を増補
  • 『六朝隋唐文史哲論集I 人・家・学術』法蔵館、2020年11月
  • 『六朝隋唐文史哲論集II 宗教の諸相』法蔵館、2020年11月

訳書

主な内容は『世説新語』の原文・読み下し・訳注解説。
1986年 ISBN 4582804608、ワイド版2007年 ISBN 4256804609

編著

  • 『中国古道教史研究』(京都大学人文科学研究所研究報告)同朋舎出版、1992年 ISBN 4810410501
  • 『六朝道教の研究』(京都大学人文科学研究所研究報告)春秋社、1998年 ISBN 4393269020
  • 眞誥研究 譯注篇』麥谷邦夫と共編(京都大学人文科学研究所研究報告)京都大学人文科学研究所、2000年
  • 『唐代の宗教』(京都大学人文科学研究所研究報告)朋友書店、2000年 ISBN 4892810762
  • 『周氏冥通記研究 譯注篇』麥谷邦夫と共編(京都大学人文科学研究所研究報告)京都大学人文科学研究所、2003年

脚注

  1. 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.352

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.