台湾護国神社

台湾護国神社(たいわんごこくじんじゃ)は、日本統治時代台湾台北州台北市大直(現:台北市中山区大直)にあった神社護国神社)である。

台湾護国神社
所在地 台湾台北州台北市大直
主祭神 靖国神社の祭神で台湾
に縁故がある国事殉難者
社格 台湾総督指定護国神社
創建 1942年(昭和17年)

祭神

台湾護国神社の社紋。台湾総督府の紋章の意匠が中央に採り入れられている

靖国神社の祭神で台湾に縁故がある国事殉難者を祭神としていた。

歴史

1942年昭和17年)5月23日、台湾総督指定を受け、台湾神宮の東隣に創建された。

1966年、社殿は取り壊され、跡地には国民革命忠烈祠が建設された。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.