可居島

可居島 (かごとう、カゴ=ド、가거도)は、朝鮮半島の南西、黄海上に浮かぶ島。行政上は大韓民国全羅南道新安郡黒山面に属する。大韓民国の南西端に位置する島である。木浦からは約145km離れており、黒山島晩才島などを経由するフェリー(1日1便)で約4時間を要する。面積は9.18km2[1]

可居島
各種表記
ハングル 가거도
漢字 可居島
発音 カゴ=ド
日本語読み: かご=とう
ローマ字 gageo-do

新安郡の最高峰である犢実(トクシル)山(639m)を擁し、全体に起伏が激しく断崖絶壁に囲まれた男性的な地形である[2]。港は島の最南端に位置する。波風が起ったり暴風雨が吹き付けつける時は、東シナ海で操業する漁船がここに避航し、「波市」が形成されることもある[2]。可居島は西南海域の漁業基地であり、韓国の領海防衛の前線ともなる[2]

古くは「美しい島」という意味で「嘉佳島(可佳島)」と呼ばれ、1896年に「十分に暮らせる島」という意味の可居島に改称された[2]日本統治時代には小黒山島(しょうこくさんとう、ソフクサン=ド、朝:소흑산도)の名で呼ばれていたが、2008年に旧来の名称である可居島に戻った[1]

島全体にホオノキユズリハサトザクラが生い茂り、イカリソウゴマノハグサボタンクズなどの貴重な薬草が自生している。また、天然記念物であるカラスバトゴイサギイソヒヨドリなど珍しい鳥類が生息する自然の楽園でもある[2]イワシイシモチエイなどの漁業も盛んである[1]2012年には、島の自然景観と海洋生物の保全管理を目的として、周辺海域が海洋保護区に指定された[1]。また1988年に「可居島いわし漁歌」が全羅南道無形文化財に指定されている[3]

脚注

  1. 世界地名大事典 1』朝倉書店、東京、2012年11月。ISBN 9784254168914。OCLC 1013922136
  2. 可居島(新安郡公式サイト)”. 2018年4月13日閲覧。
  3. 韓国文化遺産ポータル”. 2018年4月13日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.