古川兼秀

古川 兼秀(ふるかわ かねひで、1901年明治34年)9月2日[1] - 1974年昭和49年)[2])は、昭和時代前期の朝鮮総督府官僚。咸鏡北道知事。平安南道知事。

経歴

古川兼定の二男として[1]福島県若松市(現会津若松市)に生まれる[3][注 1]1925年大正14年)東京帝国大学法学部政治科を卒業し、朝鮮総督府に奉職する[1]専売局属、江原道地方課長、平安南道地方課長、咸鏡北道財務部長、黄海道警察部長、平安北道警察部長、警務局図書課長、保安課長などを経て、1942年(昭和17年)10月、咸鏡北道知事に就任した[1]。のち平安南道知事に任じた[4]

脚注

注釈

  1. 『大衆人事録 第14版 外地・満支・海外篇』朝鮮91頁では徳島市生まれ。

出典

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.