古代紫

JISの色彩規格では「くすんだ」としている[1]。一般に、日本古来のくすんだイメージの紫を指し、近世の江戸紫京紫に対して呼ばれる[1]。江戸紫より少し赤みが強く、京紫より少し暗い[1]紫根ムラサキソウの根)で染色した色に近いという意味合いで、必ずしも紫根で染めた色だけをいうのではないとされる[1]貝紫色を「古代紫」と称することもある[2]

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
古代紫
こだいむらさき
 
16進表記 #8C6589
RGB (140, 101, 137)
CMYK (25, 50, 0, 40)
表示されている色は一例です

古代紫(こだいむらさき)は、色名の一つ。

貝紫色と古代紫

貝紫色を「古代紫」と呼ぶことがある。これを「西洋の古代紫(=貝紫色)」、「日本の古代紫」と分けて解釈すれば、前者は貝紫といわれる貝(アッキガイ科の巻貝)の染料で染められる赤に近い紫、後者はムラサキソウの根を染料として染色した赤と青の中間の紫と理解できる[3]

しかし、日本でも吉野ヶ里遺跡から貝による紫染めをした絹布片の発掘例があり、古代においては貝紫の利用が認められる。603年冠位十二階が定められ最高位は紫色とされたが、この時代にはムラサキソウによる染色が行われるようになり、貝による染色は忘れ去られたと考えられる[2]

ただし、今日でも三重県志摩海女の間で磯手拭や襦袢などに星形の印(セーマン)と格子状の印(ドーマン)を古代紫(貝紫色)で描き、海での安全を祈願する習慣が現存する。陰陽師安倍晴明蘆屋道満に由来するといわれ、事実なら平安時代から続くことになる[2]

その他

古代紫や、関連する色は多くの大学スクールカラーに採用している。大妻女子大学京都橘大学大正大学は古代紫をスクールカラーあるいはスクールカラーを構成する色に制定しており[4][5][6]東京薬科大学は「東薬大古代紫」、東北福祉大学は「東北古代紫」をスクールカラーに制定している[7][8]

脚注

  1. 古代紫(こだいむらさき)とは (日本語). コトバンク. 2020年5月25日閲覧。
  2. 「明日への提言」古代紫に関わる幾つかの話”. www.cari.ne.jp. 中央学術研究所. 2020年5月25日閲覧。
  3. 浦安市立図書館:工芸に息づく和の色:紫系”. library.city.urayasu.chiba.jp. 2020年5月25日閲覧。
  4. スクールカラー・キャラクター (日本語). 大妻女子大学. 2020年5月25日閲覧。
  5. ブランドマーク | 教学理念・ビジョン | 大学紹介 | 京都橘大学”. www.tachibana-u.ac.jp. 2020年5月25日閲覧。
  6. ユニバーシティ・アイデンティティ丨大正大学[公式サイト]”. www.tais.ac.jp. 2020年5月25日閲覧。
  7. 校章・スクールカラー|大学紹介|東京薬科大学”. www.toyaku.ac.jp. 2020年5月25日閲覧。
  8. 校章・マーク・カラー (日本語). 東北福祉大学. 2020年5月25日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.