古事類苑

古事類苑(こじるいえん)は、明治政府により編纂が始められた類書(一種の百科事典)である。1896年(明治29年)-1914年大正3年)に刊行された。古代から1867年慶応3年)までの様々な文献から引用した例証を分野別に編纂しており、日本史研究の基礎資料とされている。日本最大にして唯一の「官撰百科事典」。

古事類苑
(こじるいえん)
著者 文部省東京学士院皇典講究所神宮司庁
発行日 和装本:1896年(明治29年)-1914年(大正3年)
洋装本:1908年(明治41年)-1930年(昭和5年)
復刻版:1967年(昭和42年)-1971年(昭和46年)、1995年(平成7年)-1999年(平成11年)
普及版:1976年(昭和51年)-1980年(昭和55年)
発行元 和装本:神宮司庁
洋装本:古事類苑刊行会
復刻版・普及版:吉川弘文館
ジャンル 百科事典
形態 和装本・洋装本・復刻版・普及版
公式サイト NDLJP:2609908
NDLJP:2574537
NDLJP:1873261
NDLJP:897564
吉川弘文館
コード ISBN 978-4-642-00201-1
[ ウィキデータ項目を編集 ]

概要

文部大書記官西村茂樹の建議により、1879年(明治12年)文部省により編纂が始められた[1]。事業は東京学士院皇典講究所神宮司庁に引き継がれ、1907年(明治40年)に編纂が完成。全1000巻に及んだ。

内容は、天部、歳時部、地部、神祇部、帝王部、官位部、封禄部、政治部、法律部、泉貨部、称量部、外交部、兵事部、武技部、方技部、宗教部、文学部、礼式部、楽舞部、人部、姓名部、産業部、服飾部、飲食部、居処部、器用部、遊戯部、動物部、植物部、金石部の30部門からなる。
この分類は宋の『太平御覧』、清の『淵鑑類函』や『和漢三才図会』を参考にしたものである[2]

それぞれの項目に簡単な説明を付け、六国史以降、慶応期までの文献から参考になる箇所を引用している。

皇典講究所が編纂を引き受けたのは1890年(明治23年)であり、同時期に國學院(現:國學院大學)を開設し、授業を始めた。1895年(明治28年)には神宮司庁に引き継がれるが、皇典講究所のメンバーが引き続き編集委員を担当したという。明治期の国学者による一大事業であった。

出版

編纂中の1896年(明治29年)から順次刊行が始まり、1914年大正3年)まで刊行された。和装本で、本文355冊(本文350冊、総目録2冊、索引3冊)である。

洋装本は1908年(明治41年)-1930年昭和5年)に51冊(「総目録・索引」1冊を含む)で刊行された。第2次大戦後、吉川弘文館で、2度復刻されている(全51冊、1967年(昭和42年)-1971年(昭和46年)、1995年平成7年)-1999年(平成11年))。

2012年(平成24年)9月24日より、国際日本文化研究センター「古事類苑ページ検索システム」のインターフェイスを一部変更してジャパンナレッジにて公開されている。

内容

番号分類内容番号分類内容
1 天部1-4天体、気候 16 宗教部1-72仏教(宗派、経典、儀礼、寺院)、キリスト教
2 歳時部1-20年中行事 17 文学部1-50文字、和歌、学問、教育
3 地部1-50地理、地形 18 礼式部1-36作法、人生儀礼
4 神祇部1-100神道、神職、祭祀、有名神社 19 楽舞部1-35神楽、雅楽、田楽、能、浄瑠璃、落語
5 帝王部1-27天皇、皇室 20 人部1-35親戚、身体、心情、師弟、友情
6 官位部1-80朝廷の官職、幕府の官職 21 姓名部1-10姓氏、苗字、家紋
7 封禄部1-10封田、俸給 22 産業部1-28農業、漁業、工業、商業
8 政治部1-100政治 23 服飾部1-28直衣、狩衣、帯、冠
9 法律部1-60法律、刑罰 24 飲食部1-16料理、飯、麺、菓子、酒、調味料
10 泉貨部1-7貨幣 25 居処部1-18皇居、家、建築
11 称量部1-3度量衡 26 器用部1-30食器、装飾品、寝具、照明、車
12 外交部1-25外交 27 遊戯部1-17双六、将棋、茶、蹴鞠、花火
13 兵事部1-48軍事、武器 28 動物部1-20獣、鳥、虫、魚、貝
14 武技部1-20武術、武道 29 植物部1-28木、草、菌
15 方技部1-18陰陽道、暦法、医術 30 金石部1-5鉱山、金属、宝石

脚注

  1. 「古事類苑編纂時歴」(『古事類苑』第1冊巻頭)
  2. 「古事類苑編纂時歴」P3。

参考文献

  • 熊田淳美『三大編纂物 群書類従・古事類苑・国書総目録 の出版文化史』勉誠出版、2009年3月。ISBN 978-4-585-03221-2。
  • 『古事類苑新仮名索引』倉本一宏 編、吉川弘文館、2010年5月。ISBN 978-4-642-01456-4。 - 『古事類苑索引』を現代仮名遣いに直し、旧版の誤り984箇所を訂正している。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.