口蓋帆挙筋

口蓋帆挙筋(こうがいはんきょきん)は口蓋筋の一つで、口蓋帆を上方へ上げる筋肉嚥下の際、収縮し、軟口蓋を上方へ上げることで、食物鼻咽頭に入るのを防ぐ働きを持つ。咽頭神経叢経由で、迷走神経の支配を受ける。

口蓋帆挙筋
Dissection of the muscles of the palate from behind. (Caption for Levator veli palatini visible at right, second from the top.)
External and middle ear, opened from the front. Right side. (Levator veli palatini visible at bottom right.)
ラテン語 musculus levator veli palatini
英語 Levator veli palatini
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
口蓋腱膜
作用 軟口蓋の上昇

幅が広く丸みを帯びた筋肉で、後鼻孔の横に位置する。側頭骨錐体尖下面と耳管軟骨の内側板から起こり、上咽頭収縮筋の upper concave margin の上方を通り、口蓋帆で斜め下方と内側に正中まで広がり、反対側の口蓋帆挙筋と交わる。

追加画像

外部リンク

この記事にはパブリックドメインであるグレイの解剖学第20版(1918年)1139ページ本文が含まれています。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.