口腔顔面神経機能学会

口腔顔面神経機能学会(こうくうがんめんしんけいきのうがっかい、Japanese Society of Oro-Facial Neuronal Function)とは、口腔顔面領域の神経機能障害を取り扱う専門学術団体の一つである。

概要

1997年に口唇麻痺研究会として設立[1]、2001年より口腔顔面神経機能学会[2]。2010年現在、理事長は古郷幹彦[3]

総会

  • 年1回

本部事務局

専門認定

  • 口唇・舌感覚異常判定認定医51名[4]

大会等

月日 名称 会長 会場 テーマ 参加者数 備考
1997年2月22日口唇麻痺研究会設立総会および第1回口唇麻痺研究会大阪大学[1]
1998年3月1日第2回口唇麻痺研究会道健一昭和大学[1]
1999年3月6日第3回口唇麻痺研究会浦出雅裕兵庫医科大学[5]
2000年3月4日第4回口唇麻痺研究会石橋克禮鶴見大学会館[6]
2001年3月3日第5回口唇麻痺研究会山岡稔松本歯科医師会館[7]
2002年3月2日第6回口腔顔面神経機能学会白砂兼光福岡県歯科医師会館[2]
2003年3月2日第7回口腔顔面神経機能学会三村保鹿児島県歯科医師会館[8]
2004年3月6日第8回口腔顔面神経機能学会金子明寛神奈川県歯科医師会館[9]
2005年3月5日第9回口腔顔面神経機能学会古郷幹彦大阪大学[9]
2006年3月4日第10回口腔顔面神経機能学会天笠光雄東京歯科大学[10]
2007年2月24日第11回口腔顔面神経機能学会大野敬奥羽大学[11]
2008年3月1日第12回口腔顔面神経機能学会柿澤卓東京歯科大学[12]
2009年2月28日第13回口腔顔面神経機能学会薬師寺登兵庫県歯科医師会館[13]
2010年2月27日第14回口腔顔面神経機能学会覚道健治大阪歯科大学[14]
2011年3月5日第15回口腔顔面神経機能学会高木律男新潟大学[4]
2012年2月18日第16回口腔顔面神経機能学会[15]



関連項目

脚注

  1. 口唇麻痺研究会会報・Vol. 1 (PDF)”. 口唇麻痺研究会. 2010年9月10日閲覧。
  2. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 5 (PDF)”. 口唇麻痺研究会. 2010年9月10日閲覧。
  3. 理事名簿 (平成21年3月現在)”. 口腔顔面神経機能学会. 2010年4月11日閲覧。
  4. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 14 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  5. 口唇麻痺研究会会報・Vol. 2 (PDF)”. 口唇麻痺研究会. 2010年4月11日閲覧。
  6. 口唇麻痺研究会会報・Vol. 3 (PDF)”. 口唇麻痺研究会. 2010年4月11日閲覧。
  7. 口唇麻痺研究会会報・Vol. 4 (PDF)”. 口唇麻痺研究会. 2010年4月11日閲覧。
  8. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 6 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  9. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 7,8(合併号) (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  10. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 9 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  11. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 10 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  12. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 11 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  13. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 12 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  14. 口腔顔面神経機能学会会報・Vol. 13 (PDF)”. 口腔顔面神経機能学会. 2011年9月10日閲覧。
  15. 次回開催案内”. 2011年9月10日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.