博士(文学)

博士(文学)(はくし ぶんがく)は、人文科学哲学史学文学を含む広義での文学)に関する専攻分野を修めることによって、1991年平成3年)以降に日本で授与されている博士学位である。

概要

1991年(平成3年)6月以前の日本では、文学博士(ぶんがくはくし)という博士の学位が授与されていた。1991年(平成3年)7月以降では、文学博士で扱われていた領域は、「博士(文学)」以外に「博士(哲学)」、「博士(史学)」、「博士(心理学)」、「博士(言語学)」などに細分化されている。

文学博士は、1887年明治20年)制定の学位令において、文部大臣より授与される5種類の博士のうちの1つとして定められた。翌1888年5月7日、政治学者の加藤弘之、歴史学者の重野安繹、社会学者の外山正一、国学者の小中村清矩、漢学者の島田篁村の5人に最初の文学博士の学位が授けられた。引き続き翌6月7日には国学者の黒川真頼、漢学者の川田甕江、啓蒙思想家の中村正直、ジャーナリストの末松謙澄仏教学者南条文雄にも授けられた。[1]

英語圏においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Doctor of Philosophy in Humanities(Ph.D. あるいはDoctor of Letters)が、博士(文学)に相当する。

脚注

  1. 月刊名大文学部35号

外部リンク

  • - 和田壽弘「日本最初の文学博士を知っていますか?」月刊名大文学部35号(2012年10月10日発行)。

関連項目


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.