単身赴任

単身赴任(たんしんふにん)とは、労働の形態の一つ。政府統計では、単身配偶者又は扶養親族がいる人が、転勤に伴い単身で住居を移すことと定義されている[1]。単身赴任をしている人は単身赴任者と言う。

企業の分割、合併が頻繁に起きる今日では、至る所で見聞きすることが多い。夫だけでなく、妻が単身赴任もしくは、子供がいなければ別居ということも有り得る。

家族と別れて暮らすため、家族の生活に障害を来す場合があり、転勤命令を受けて他社に転職する者も居る。

脚注

  1. 単身赴任か否か | 調査項目情報 (日本語). 政府統計の総合窓口. 2020年12月24日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.