南部アフリカ開発共同体

南部アフリカ開発共同体(なんぶアフリカかいはつきょうどうたい、英:Southern African Development Community、略:SADC)は、南部アフリカ開発調整会議を改組し、1992年に設立された地域機関である。

南部アフリカ開発共同体の旗
南部アフリカ開発共同体加盟国

概要

ボツワナ首都ハボローネに事務局を置き[1]、加盟国間の経済統合や域内安全保障を目指している。

2008年東アフリカ共同体東南部アフリカ市場共同体とともにアフリカ自由貿易地域を創設した(アフリカ大陸自由貿易協定とは別物[2])。

成立までの経緯

今後の予定

2010年までに関税同盟を確立、2018年までに共通通貨の導入を目指すとされる。

加盟国

2018年現在、16カ国が加盟している。

関連項目

脚注

  1. African free trade zone is agreed”. BBC. 2018年3月21日閲覧。
  2. Arnold, Guy (6 April 2010). The A to Z of the Non-Aligned Movement and Third World. Scarecrow Press. pp. 126–127. ISBN 9781461672319.
  3. HISTORY AND TREATY”. 南部アフリカ開発共同体. 2018年7月14日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.