南泰嶺駅

南泰嶺駅(ナムテリョンえき)は大韓民国ソウル特別市瑞草区方背洞にある、ソウル交通公社韓国鉄道公社(KORAIL)の駅番号は(434)。

南泰嶺駅
駅名標
남태령
ナムテリョン
Namtaeryeong
所在地 ソウル特別市瑞草区果川大路 地下816(方背洞 2909)
位置座標
駅番号 434
所属事業者 ソウル交通公社
韓国鉄道公社(KORAIL)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,502人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
4,713人/日
-2018年-
開業年月日 1994年4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 ソウル交通公社4号線
キロ程 31.1km(タンゴゲ起点)
433 舎堂 (1.6km)
所属路線 果川線
キロ程 14.4km(衿井起点)
435 ソンバウィ (2.0km)
備考 共同使用駅(ソウル交通公社の管轄駅)
*両線で相互直通運転実施
南泰嶺駅
各種表記
ハングル 남태령역
漢字 南泰嶺驛
平仮名
(日本語読み仮名)
なんたいれいえき
片仮名
(現地語読み仮名)
ナムテリョンヨク
英語 Namtaeryeong Station

ソウル交通公社と韓国鉄道公社の共同使用駅で、駅管轄はソウル交通公社が行っている。

利用可能な鉄道路線

ソウル交通公社
ソウル交通公社4号線
韓国鉄道公社
果川線

上記の2路線は共に首都圏電鉄4号線を構成し、当駅で相互直通運転を行っている。案内上はいずれの路線も「4号線」と案内されている。

駅構造

ホーム階は地下3階にある。島式ホーム1面2線を有しており、フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。ソウル交通公社4号線と果川線は当駅で相互直通運転を行っており、ホームを共用している。

改札階は地下2階にある。改札口は1ヵ所、化粧室は改札内に1ヵ所ある。出入口は1番から4番までの4ヵ所ある。

当駅は右側通行だが、当駅とソンバウィ駅との間で立体交差により左右が入れ替わる。また、ソウル交通公社4号線の電圧直流1500V、果川線は交流25kVのため、ソンバウィ駅との間にデッドセクションがある。

のりば

  • のりばの番号は存在しない。
上り 4号線 舎堂ソウル駅東大門タンゴゲ方面
下り 4号線(果川線) 衿井中央安山烏耳島方面

駅周辺

ソウル特別市と京畿道果川市の境界となる峠道となっていて土地は狭いが、駅北側の一部が宅地化されている。

  • 南泰嶺
  • ソウル電子高等学校
  • ヂョンウォンマウル
  • クァンムン三叉路
  • 舎堂三叉路
  • 宇信運輸車庫

歴史

  • 1994年4月1日 - 4号線と果川線がそれぞれ当駅まで延伸開業、ソウル交通公社4号線・果川線・安山線の相互乗り入れ開始。

利用状況

首都圏電鉄4号線の直通運行による地下鉄4号線から果川線へ向く人員は一日105627人、果川線から地下鉄4号線へ向く人員は一日102859人であり[1]、これらの数値を含むと一日乗降人員は419288人である。 近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
4号線 乗車人員 1,564 1,627 1,557 1,480 1,347 1,193 1,145 1,144 1,091 1,147 [2]
降車人員 1,405 1,421 1,392 1,376 1,280 1,158 1,093 1,105 1,030 976
乗降人員 2,969 3,048 2,949 2,856 2,627 2,352 2,237 2,250 2,121 2,123
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
4号線 乗車人員 1,316 1,380 1,441 1,405 1,317 1,213
降車人員 1,000 996 1,061 1,079 1,078 946
乗降人員 2,316 2,376 2,502 2,484 2,396 2,158

写真

隣の駅

ソウル交通公社・韓国鉄道公社
4号線・ 果川線
舎堂駅 (433) - 南泰嶺駅 (434) - ソンバウィ駅 (435)

注釈

  1. 2010年鉄道統計年報 > IV. 輸送 > 首都圏電鉄旅客輸送 > 30. 首都圏電鉄駅別旅客発着通過表
  2. 서울메트로 > 공사소개 > 운행현황 > 수송통계 자료실 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.