千葉県道8号船橋我孫子線

千葉県道8号船橋我孫子線(ちばけんどう8ごう ふなばしあびこせん)は、千葉県船橋市から同県我孫子市に至る主要地方道である。

主要地方道
千葉県道8号
船橋我孫子線
路線延長 24.7km[1]
起点 千葉県船橋市
主な
経由都市
千葉県鎌ケ谷市
終点 千葉県我孫子市
接続する
主な道路
(記法)
国道357号
国道14号
国道296号
国道464号
国道16号
国道356号
国道6号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路

概要

千葉県北西部を縦断する数少ない道路の一つである。ほぼ全線が東経140度線上にある。

路線データ

千葉県法規集[2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

路線状況

沿線風景(鎌ケ谷市西佐津間)

道路北端部の我孫子市(国道6号交差部)から柏市の道の駅しょうなん付近までは、片側2車線。道の駅しょうなんから柏市大島田の国道16号交差部までは現在車線増幅工事中。新鎌ヶ谷駅北入口交差点から馬込交差点まではバイパス(市道)で対応済み、馬込交差点から駿河台交差点までは芝山団地入口交差点以東の渋滞が常に特に激しく、2車線拡張構想がある。なお、それ以南は片側2車線である。

また、鎌ケ谷市内では西側を東武野田線(東武アーバンパークライン)が並走、新鎌ヶ谷駅東側で新京成線と平面交差するためこれら鉄道の踏切遮断による渋滞が深刻となっていたが、現在進行中の立体交差化工事(平成31年度終了予定)により緩和される見込みである[3]

通称

千葉県道8号船橋我孫子線を地元では一般的に船取県道船取線と呼ぶ。本道は1920年大正9年)4月1日の県告示で千葉縣道船橋取手線として指定され、1972年昭和47年)10月11日の県告示で県道21号船橋取手線が千葉県道8号船橋我孫子線と変更され、終点も茨城県取手市から我孫子市に変更された経緯を持つ。そのため、現在も船取線と呼ばれるのは変更前の名残といえる。

重複区間

  • 国道296号:京葉道路花輪IC - 中野木交差点
  • 国道464号:初富交差点 - 鎌ケ谷消防署前交差点

道の駅

橋梁

地理

通過する自治体

交差する道路

脚注

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.