千石正一

千石 正一(せんごく しょういち、1949年4月23日 - 2012年2月7日[1])は、日本動物学者。主に爬虫類両生類を扱っていた[1]。血液型はAB型。東京都世田谷区出身。

千石 正一
生誕 (1949-04-23) 1949年4月23日
日本 東京都世田谷区
死没 (2012-02-07) 2012年2月7日(62歳没)[1]
日本 千葉県松戸市
研究分野 動物学[1]
研究機関 自然環境研究センター[1]
出身校 東京農工大学
主な受賞歴 「みどりの日」自然環境功労者環境庁長官表彰(自然ふれあい部門)(2000年)
プロジェクト:人物伝

来歴

千葉県立船橋高等学校卒業、東京農工大学農学部蚕糸生物学科卒業。財団法人自然環境研究センターの研究主幹をつとめていた[1]東京環境工科専門学校の講師、帝京科学大学星槎大学客員教授をつとめたほか、TBSテレビの『わくわく動物ランド』や『どうぶつ奇想天外!』に出演[1]した。 2000年、「みどりの日」自然環境功労者環境庁長官表彰(自然ふれあい部門)を受賞[2]

2012年2月7日十二指腸がんのため死去。62歳没[1]

著書

  • 『原色 両生・爬虫類』(家の光協会)1979 
  • かわいいペット 小動物の飼い方(集英社
  • トノサマガエル(集英社)
  • カエルの一生(ポプラ社
  • 『爬虫両生類飼育図鑑 カメ・トカゲ・イモリ・カエルの飼い方』(マリン企画)1991 
  • 『爬虫類・両生類の意外な素顔 風変わりな地球の仲間たち』松橋利光写真(ごま書房)1996
  • 『最後のゾウガメを探しに 世界珍奇動物紀』(丸善ブックス)1996 のち広済堂文庫 
  • 『マルチメディア爬虫類両生類図鑑』監修・著(アスキー)1998 
  • 『こっちみんなよ!』写真・文(集英社)2000
  • 『千石先生の動物ウォッチング カラー版 ガラパゴスとマダガスカル』(岩波ジュニア新書)2003 
  • 『いのちはみんなつながっている 西表生態学(イリオモテコロジー)』朝日文庫 2004
  • 『世界のネコの世界 にゃおよろずのくにぐに』海竜社 2005
  • 『つながりあういのち 生き物博士千石センセイ最後のメッセージ』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012

共編著

  • 『日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類』共編 平凡社, 1996

翻訳

  • ロバート&ヴァレリー・デイヴィス『爬虫両生類飼育入門 Q&Aマニュアル』監訳 緑書房 1998
  • クリス・マティソン『ヘビ大図鑑 驚くべきヘビの世界』監訳 緑書房 2000

論文

脚注

  1. 千石正一氏が死去 「どうぶつ奇想天外!」に出演”. 日本経済新聞社 (2012年2月8日). 2018年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  2. 別紙1 平成12年度「みどりの日」自然環境功労者環境庁長官表彰受賞者一覧”. 環境省 (2000年4月21日). 2017年8月15日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.