千島列島沖地震 (2007年)

2007年千島列島沖地震(2007ねんちしまれっとうおきじしん)は、日本時間で2007年1月13日午後1時23分頃に、千島海溝(新知島沖)付近で発生したモーメントマグニチュード(Mw)8.1[1]USGS気象庁発表はMj8.2、Mw8.1[2]太平洋津波警報センター発表はM8.4)の地震

2007年千島列島沖地震
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2007年1月13日
発生時刻 4時23分20秒(UTC
14時23分20秒(MAGT
13時23分20秒(JST
震央 新知島(シムシル島)東方沖
北緯46度16分19.2秒
東経154度27分18秒(地図)
震源の深さ 10 km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)8.1
最大震度    改正メルカリ震度VI:幌筵島(パラムシル島)
津波 三宅島 坪田:43cm1
地震の種類 海洋プレート内地震(正断層型)
注1:津波は気象庁観測
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害

破壊継続時間約50秒。2006年に発生した千島列島沖地震の震源は海溝の大陸プレート側における海溝型地震(プレート境界型地震)であったが、この地震は大きな海溝型地震の後に発生することのある、海溝に沈み込む前の海洋プレート(太平洋プレート)における正断層型のアウターライズ地震(海洋プレート内地震の一種)で、2006年に発生した地震の誘発地震である[3]

震源地は千島列島の新知島(シムシル島)東方沖の太平洋で、震源の深さは10km。この地震の影響で気象庁は午後1時36分、日本では北海道から和歌山県の太平洋沿岸部、伊豆諸島の沿岸部に津波警報津波注意報を発表した。なお、この地震の名称は、大規模な被害をもたらした地震の際に気象庁が付ける名称ではなく、報道機関が便宜上付けた名称である。

地震

日本国内では、北海道・青森県・岩手県・宮城県で最大震度3を観測したほか、山形県・秋田県・福島県・長野県・栃木県・神奈川県・東京都・埼玉県・兵庫県でも震度1~2を観測した。

津波

津波警報・津波注意報

  • 日本の気象庁は、この地震で北海道太平洋沿岸東部、オホーツク海沿岸地域に津波警報を、北海道の日本海沿岸、東日本の太平洋沿岸と、伊豆諸島に津波注意報を発表した。津波警報が発表されたオホーツク海沿岸では津波の高さが1mと予想された。
  • 日本以外では、千島列島全域やアメリカ西海岸、ハワイフィリピン台湾でも津波発生の恐れがあるとして警戒が行われた。
  • その他、緊急警報放送も合わせて実施した。

避難指示・避難勧告

今回の津波警報・注意報に伴い、避難の指示勧告が行われた。

避難勧告

脚注

  1. USGS - Magnitude 8.1 - EAST OF THE KURIL ISLANDS Archived 2009年12月18日, at the Wayback Machine.
  2. USGS速報ではMw7.9、気象庁速報ではM8.3 なお、震源の深さは30kmとしている。
  3. 「余震と誘発地震について」概要(京大防) (PDF) 地震予知連絡会 会報第86巻

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.