十干

十干(じっかん)は、10の要素からなる集合。干支を書くとき干をの前に書くことから天干(てんかん)とも言う[1]

概要

古代中国で考えられ、日本に伝えられた。十二支と合わせて干支(かんし、えと)といい、の表示などに用いられる。五行に当てはめて、2つずつを木(もく、き)・火(か、ひ)・土(と、つち)・金(こん、か)・水(すい、みず)にそれぞれ当て、さらに陰陽を割り当てている。日本では陽を兄、陰を弟として、例えば「甲」を「木の兄」(きのえ)、「乙」を「木の弟」(きのと)などと呼ぶようになった。「干支」を「えと」と読むのは、この「兄弟」(えと)に由来する。

種類

十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類からなる。十干の本義は、古代研究に便利な釈名や、史記の歴書によっても、実は生命消長の循環過程を分説したものであって、実際の木、火、鼠、牛といった存在に直接関係のあることではない[2]

十干表

各言語による読み方

十干 日本語 中国語 韓国語 ベトナム語 本義[3]
音読み 訓読み 意味 占い読み/五行読み 普通話 広東語 台湾語
コウきのえ木の兄こうぼく jiǎ gaap3 kah 갑 (gap) giáp 草木の芽生え、鱗芽のかいわれの象意
オツきのと木の弟おつぼく jyut3 it 을 (eul) ất “軋”に通じ、陽気のまだ伸びない、かがまっているところ
ヘイひのえ火の兄へいか bǐng bing2 piáⁿ 병 (byeong) bính “炳”に通じ、陽気の発揚
テイひのと火の弟ていか dīng ding1 teng 정 (jeong) đinh 陽気の充溢
つちのえ土の兄ぼど mou6 bō͘ 무 (mu) mậu “茂”に通じ、陽気による分化繁栄
つちのと土の弟きど gei2 기 (gi) kỷ “紀”に通じ、分散を防ぐ統制作用
コウかのえ金の兄こうきん gēng gang1 keⁿ/kiⁿ 경 (gyeong) canh 結実、形成、陰化の段階
シンかのと金の弟しんきん xīn san1 sin 신 (sin) tân 陰による統制の強化
ジンみずのえ水の兄じんすい rén jam4 jîm 임 (im) nhâm “妊”に通じ、陽気を下に姙む意
みずのと水の弟きすい guǐ gwai3 kùi 계 (gye) quý “揆”に同じく生命のない残物を清算して
地ならしを行い、新たな生長を行う待機の状態

各要素との関連

十干五行 五星五方陰陽西暦年の
下1桁
(年の十干)
MJD
下1桁
(日の十干)
二十四方
木星4075°
木星51105°
火星62165°
火星73195°
土星 8 4
土星95-
金星西06255°
金星17285°
水星28345°
水星3915°

干の間の相互作用

十干の中で、甲-己、乙-庚、丙-辛、丁-壬、戊-癸の5組の干については、それぞれ2つの干の間に密接な関係があるとされている。これらの2つの干が出会うと合して一体となるとされており、これを干合という。この干合の関係から徳神が決められている。陽の干は自らが徳神であり、陰の干は干合する干が徳神となる。恵方は年の干の徳神が指す方角である。

十日

では、10個の太陽が存在してそれが毎日交代で上り、10日で一巡りすると考えられており、十干はそれぞれの太陽につけられた名前と言われている。この太陽が10日で一巡りすることを「」と呼ぶ。上旬、中旬、下旬と言う呼び名もこれに由来する。中国には、帝の時代に10個の太陽が一度に出、草木が燃えるほど暑くなってしまったので堯帝が弓の巧みな羿という者に命じて9つの太陽を撃ち落とした、という神話があり、この説を裏付けている。

なお、古代エジプト暦でも、10日が1週間で、1ヶ月=30日=3週間であった。フランス革命暦でも1ヶ月を10日ずつの3つのデカード(週)に分けた。

方位

二十四方表

十干は五行説によって説明されるようになると五行が表す五方と結びつけられた。後に十二支・八卦を交えた細かい二十四方が用いられるようにもなった。

恵方は年の十干によって決められる。

現代での使用

漢字圏では、何かの分野で甲を A 、乙を B 、丙を C … 壬を I 、癸を J の意味で用いる例がある。

順位

十干は、日本や韓国、台湾、中国などの漢字圏において、ものの階級・等級や種類を示すために使われることもある。焼酎は甲類・乙類に分類される。防火管理者危険物取扱者動力車操縦者などの資格は甲種・乙種と区分されている。かつては学校の成績や徴兵検査の結果を表すのに甲・乙・丙・丁を用いていた。

中国語では有機化合物の命名に十干が用いられる。主鎖にある炭素の数が1個なら甲、2個なら乙…となる。例えばメタンエタンであり、メタノール甲醇エタノール乙醇である(、醇はそれぞれアルカンアルコールを表す漢字)。ただし、主鎖の炭素原子の数が十を超える場合は漢数字が用いられる。例えばウンデカン十一となる。

仮名

日本や韓国、台湾、中国において、法的議論における事案の登場人物の仮名や、契約書などにおける当事者その他の者の氏名又は名称の略称として十干が使われる。

例1:甲男は、乙女に対し殺意をもって拳銃を撃ったところ、発射された弾丸は乙女にかすり傷を負わせた後、たまたま側にいた丙男の飼っていた犬のAに命中し、よってAは死亡した。

例2:本件は、甲野太郎が、乙野次郎に対し、売買契約に基づく代金の支払を請求したところ、これに対し、乙野次郎が、丙野三郎による第三者弁済を主張した事案である。

例3:ABC建設株式会社(以下「甲」とする。)、株式会社DEF商事(以下「乙」とする。)及びGHI市(以下「丙」とする。)は、以下の条項によって共同事業に関する協定を締結する。

返り点

漢文訓読では、上下点を跨いで返る場合に、返り点として十干を用いる。また、上下点は上中下の三字しか使えず二回までしか返れないため、本来なら上下点を使うところでも三回以上返る場合には十干を用いる。Unicodeには、返り点としての甲乙丙丁が、U+3199-U+319Cの範囲に収録されている。

記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称
U+3199㆙
㆙
返り点 甲
U+319A㆚
㆚
返り点 乙
U+319B㆛
㆛
返り点 丙
U+319C㆜
㆜
返り点 丁

脚注

  1. 縦書きの場合は上に干がくる。
  2. 参考文献:『易学入門』(著:安岡正篤 版:明徳出版社)
  3. 参考文献:『中国的実在観の研究』(著:木村英一)、『中国上代陰陽五行思想の研究』(著:小林信明)、『宋代易学の研究』(著:今井宇三郎)

関連項目

  • 甲乙人
  • 名 (単位)#長崎県 - 長崎県における市町村下の行政区画である(あざ)の単位の一種。「名」の地名を十干に置き換えて表記する地域が存在する。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.