医療品質・効率性研究機構

医療品質・効率性研究機構(Institute for Quality and Efficiency in Healthcare、IQWiG、ドイツ語: Institut für Qualität und Wirtschaftlichkeit im Gesundheitswesen)とは、ドイツ連邦政府のエージェンシー。医療技術、医薬品、非薬物療法(外科手術など)、診断およびスクリーニング検査手法、治療および管理について、品質と効率性を評価する。またIQWiGは患者や市民グループに対して、健康情報の提供も行っている。

IQWiGは、ドイツ連邦保健省と連邦合同委員会のみに責務を持っており、医薬品産業とは独立している[1]。IQWiGの費用は医療保険基金より賄われている[1]

構造

IQWiGは2004年にPeter Sawicki医師のリーダーシップにより設立され、2010年7月にはJürgen Windeler医師に引き継がれた。副代表にはStefan Lange医師が就任した。

IQWiGの部署は以下に分かれており、部署ごとに報告書が提出される。

  • Drug Assessment
  • Non-Drug Interventions
  • Quality of Health Care
  • Medical Biometry
  • Health Economics

また一般的な健康情報について、Health Information部署により平易な文章で追って提出される。 加えて、これらの部署をサポートする Administration and Communication部門がある。

脚注

  1. Contracting agencies and funding of IQWiG”. IQWiG. 2014年5月1日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.