北黄金貝塚

北黄金貝塚(きたこがねかいづか)は、北海道伊達市北黄金町にある縄文時代前期・中期の大規模な貝塚遺跡(集落遺跡)。北海道にある縄文貝塚の1/5の面積を占める巨大なものである[1][2]1987年12月25日に国史跡に指定されている[3]。 

北黄金貝塚
遺跡位置
北黄金貝塚
北黄金貝塚の水場遺構

概要

発掘調査は敷地の一部しか行われていないが、全部で5箇所ある貝塚(A地点・B地点・C地点・A'地点・南斜面貝塚)からはハマグリカキホタテなどの貝類をはじめ、マグロヒラメなどの魚骨、オットセイクジラなどの海獣の骨なども多数出土している[2][1]。埋葬人骨など14基の墓やシカの頭骨を配置した動物儀礼の跡も見つかっており、「送り場」であったことがわかっている。竪穴建物が復元されており、また縄文人にとっての水源であった湧水もある。湧水点付近から礫石器が大量に見つかっているが、その多くは破損しており、石器の廃棄による祭祀場跡とみられる[2]。そのほかの出土品として、世界最古の「」などがある。いわば本貝塚は「アイヌ倭人の分岐点となった7000年前の史跡」であり、当時の社会や人々の生活、文化などを知る上で大変貴重なものである[1]

北黄金貝塚公園

北黄金貝塚公園
北黄金貝塚公園

現在、貝塚は北海道伊達市北黄金町75に「北黄金貝塚公園」として保存されており[1]、毎年8月には縄文土器の野焼きや生活の体験などができる「縄文まつり」が行われている[1]

世界遺産への推薦

2019年7月、文化審議会世界文化遺産部会で、北黄金貝塚を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、同年の世界文化遺産推薦候補となった[4]

ギャラリー

北黄金貝塚の発掘調査から判明した(ドングリ・花粉・植栽痕による)縄文時代の植生を再現した縄文の森

北黄金貝塚情報センター

アクセス

JR室蘭本線黄金駅から道南バス「北黄金貝塚公園前」下車、徒歩約5分。

道南バス 北黄金貝塚公園前停留所

脚注

  1. 北黄金貝塚公園 | NPO法人だて観光協会”. www.date-kanko.jp. 2020年12月3日閲覧。
  2. 北黄金貝塚 (日本語). 北海道・北東北の縄文遺跡群. 2020年12月3日閲覧。
  3. 史跡北黄金貝塚公園”. 伊達市. 令和2年12月3日閲覧。
  4. 北黄金貝塚を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産へ!”. 伊達市教育委員会. 2020年12月3日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.