北西連邦管区

北西連邦管区(ほくせいれんぽうかんく、ロシア語: Северо-западный федеральный округ: Severo-zapadnyi federal'nyi okrug)は、ロシア連邦の地域管轄区分である連邦管区のひとつ。ヨーロッパロシアの北部を管轄している。本部はロシア第二の都市であり、連邦市であるサンクトペテルブルクに置かれる。2016年の人口は1385万3694人で、ロシア全体の9.6%を占める。

北西連邦管区
Северо-Западный федеральный округ
行政府所在地サンクトペテルブルク
設立2000年5月18日
面積1,677,900km2
人口13,853,694人
大統領全権代表アレクサンドル・グチャン
ホームページwww.szfo.ru

概要

北西連邦管区の連邦構成主体図

北西連邦管区に所属する連邦構成主体は、

  1. サンクトペテルブルク市
  2. カレリア共和国
  3. コミ共和国
  4. アルハンゲリスク州
  5. ネネツ自治管区
  6. ヴォログダ州
  7. カリーニングラード州
  8. レニングラード州
  9. ムルマンスク州
  10. ノヴゴロド州
  11. プスコフ州

の11主体である。

連邦市であるサンクトペテルブルク市(旧称レニングラード市)は、レニングラード州の州都であるが、同州からは行政的に独立している。ネネツ自治管区はアルハンゲリスク州に所属するが、州とは別に連邦構成主体のひとつとしてロシア連邦を構成する。

隣接連邦管区

人口

歴代大統領全権代表

脚注

  1. City Population”. 2016年10月18日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.