北海道大学大学院経済学研究院・経済学院・経済学部

北海道大学大学院経済学研究院・経済学院(ほっかいどうだいがくだいがくいんけいざいがくけんきゅういん・けいざいがくいん、英称:Graduate School for Economics and Business Administration)は、北海道大学大学院に設置される研究科以外の組織の一つである。また、北海道大学経済学部(ほっかいどうだいがくけいざいがくぶ、英称:School of Economics)は、北海道大学に設置される学部の一つである。

北海道大学 > 北海道大学大学院経済学研究院・経済学院・経済学部
北海道大学 経済学部

北海道大学会計専門職大学院(ほっかいどうだいがくかいけいせんもんしょくだいがくいん)は、大学院経済学院の一専攻(会計情報専攻専門職学位課程)として運営されているため、この記事で合わせて解説する。

沿革

  • 1947年4月1日 法文学部経済学科として新設。
  • 1950年4月1日 法文学部経済学科が改組され、法経学部経済学科となる。
  • 1953年4月1日 大学院経済学研究科を設置。
  • 1953年5月13日 経済学研究科に修士課程(経済政策専攻)を設置。
  • 1953年8月1日 法経学部経済学科が改組され、経済学部経済学科となる。
  • 1955年8月3日 経済学研究科に博士課程(経済政策専攻)を設置。
  • 1966年4月1日 経済学部経営学科を設置。
  • 1976年4月1日 経済学研究科修士課程を再編。経済政策専攻を経済学専攻に改称し、経営学専攻を増設。
  • 1980年4月1日 経済学研究科博士課程に経営学専攻を増設。
  • 2000年4月1日 大学院重点化完了。経済学研究科経済学専攻・経営学専攻を経済システム専攻・現代経済経営専攻・経営情報専攻に改組。
  • 2005年4月1日 経済学研究科経済システム専攻・現代経済経営専攻・経営情報専攻を現代経済経営専攻・会計情報専攻に改組。

経済学部

以下2つの学科および5つの学科目に分類される。総合文系入学者・学部別入試入学者ともに1年次は全学教育科目を中心に履修するため、学科分属(総合文系入学者の学部以降を含む)および専門科目の履修開始は2年次以降となる。経済学部では演習(ゼミナール)が必修となっており、3・4年次の2年間、1つのゼミに所属することになる。

  • 経済学科(入学定員100名)[1]
    • 経済理論
    • 経済史
    • 応用経済学
  • 経営学科(入学定員90名)[1]
    • 経営学
    • 経営情報

経済学研究院・経済学院

2000年大学院重点化がなされた。2005年会計専門職大学院を設置したことに伴い現在の2専攻5講座に再編された。

  • 現代経済経営専攻;経済学・経営学系の研究者・教員・その他職業専門人を育成することを主たる目的とする。
    • 経済分析講座
    • 社会経済・歴史分析講座
    • 経済政策講座
    • 経営分析講座
  • 会計情報専攻(会計専門職大学院)(専門職学位課程
    • 会計情報講座

施設

専門科目の講義・演習は、人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)、文系共同講義棟(軍艦講堂)、経済学部棟(研究棟)のいずれかで行われる。院生研究室は経済学部棟2階、教員研究室は同3階・4階・5階に設置されている。

上記3つの建物および附属図書館、公共政策大学院棟、法学部棟、文学部棟、教育学部棟は連絡通路を介して相互に繋がっており、W棟と軍艦講堂は他の文系学部等(法学研究科・法学部、文学研究科・文学部、教育学研究院・教育学院・教育学部など)と共用している。

文系の学部棟およびW棟は24時間365日利用可能であるが、深夜時間帯(22時00分~翌5時00分)は各建物の出入口ドアが施錠される(建物内部から出ることは可能)ので、22時以降に屋外から研究棟・W棟に入ることはできない[2]

アクセス

札幌キャンパスのクラーク像や中央ローンが所在する南エリア(北9条西7丁目・北10条西7丁目)に位置しており、交通至便である。

歴代経済学研究科長・経済学部長

歴代経済学研究科長・経済学部長は以下の通り[3]

氏名在任時期
初代山口和雄1953年08月 - 1954年7月
第2代渡辺侃1954年08月 - 1957年3月
第3代高倉新一郎1957年04月 - 1960年3月
第4代伊藤俊夫1960年04月 - 1963年3月
第5代前田新太郎1963年04月 - 1965年3月
第6代早川泰正1965年04月 - 1967年3月
第7代前田新太郎1967年04月 - 1969年3月
第8代新川士郎1969年04月 - 1972年2月
第9代酒井一夫1972年03月 - 1974年3月
第10代大爺栄一1974年04月 - 1976年3月
第11代林善茂1976年04月 - 1977年8月
第12代大爺栄一1977年08月 - 1977年12月
第13代松井安信1978年01月 - 1979年12月
第14代石垣博美1980年01月 - 1981年12月
第15代菅原秀人1982年01月 - 1983年12月
第16代是永純弘1984年01月 - 1985年12月
第17代長岡新吉1986年01月 - 1987年12月
第18代所哲也1988年01月 - 1989年12月
第19代荒又重雄1990年01月 - 1991年12月
第20代佐藤茂行1992年01月 - 1993年12月
第21代小林好宏1994年01月 - 1995年12月
第22代石坂昭雄1996年01月 - 1997年12月
第23代内田和男1998年01月 - 2001年3月
第24代唐渡興宣2001年04月 - 2002年7月
第25代内田和男2002年08月 - 2004年7月
第26代井上久志2004年08月 - 2008年7月
第27代町野和夫2008年08月 - 2012年3月
第28代吉見宏2012年04月 -

著名な出身者

政治

行政

経済

研究

文化

その他

博士号取得者

関連項目

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.