北海道大学大学院文学研究科・文学部

北海道大学大学院文学研究科(ほっかいどうだいがくだいがくいんぶんがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Letters)北海道大学大学院に設置される研究科一つである。また、北海道大学文学部(ほっかいどうだいがくぶんがくぶ、英称:Faculty of Letters)は、北海道大学に設置される学部の一つである。

北海道大学 > 北海道大学大学院文学研究科・文学部
文学部棟

概要

1947年北海道帝国大学法文学部が設置され、1950年に法文学部から文学部が独立した。1953年に大学院文学研究科を設置し、2000年には大学院重点化を行った[1]人文学の多彩な分野の研究・教育を行っている[2]

沿革

学科

  • 人文科学科[3]
    • 入学定員185人[3]

楡文賞

文学部同窓会が運営する、社会的に高く評価される業績や活動を通じて北海道大学文学部・文学研究科の名誉を高めた者を顕彰する賞。読みは「ゆぶんしょう」。文学部卒業生、文学研究科修了生(中退者含む)で、毎年11月末日時点で40歳以下の者から選ばれる。

歴代受賞者

肩書は受賞当時。

著名な出身者

政治

マスコミ

研究

文化

芸能、スポーツ

脚注

  1. 「沿革」北海道大学 大学院文学研究科・文学部
  2. 「人文学」への誘い北海道大学 大学院文学研究科・文学部
  3. 北海道大学
  4. 第1回のみ35歳以下を受賞資格とする規定でそれを上回っていたが、業績の大きさから特別賞となった。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.