北京の戦い (1860年)

北京の戦い (1860年)

連合軍の写真家から安定門の写真
戦争アロー戦争
年月日1860年10月5日 - 10月13日
場所
結果:連合軍の勝利
交戦勢力
大清帝国 イギリス帝国
フランス帝国
指導者・指揮官
弈訢 ジェームス・ホープ・グラント
Charles Cousin-Montauban
アロー戦争

北京の戦いとこれに続く英仏連合軍の北京占領は、1860年に起こった、アロー戦争の最後の戦いである。

背景

(→ 中国語:第二次鴉片戰爭開戰以來,清軍大致上都潰敗了(1858的大沽口抗擊例外)。1860年9月的八里橋之戰對抗西洋軍也因失敗讓清軍馬隊徹底潰敗。咸豐帝馬上逃到熱河避暑山莊,清軍的大潰逃伴隨著英法聯軍向北京的進發,帝都前方的死守完完全全失敗。)

アロー戦争の開戦以来、清軍1858年の大沽砲台の戦いを例外として敗走を重ねていた。さらに1860年9月の八里橋の戦いでも西洋軍への対抗に失敗したため、清軍の騎兵隊は徹底的に潰滅させられた。清の咸豊帝は、直ちに熱河避暑山荘へ逃亡した。清軍の潰走に伴って英仏連合軍は北京へ進撃し、帝都前面の防衛は完全に失敗してしまった。

(→1860年9月22日(也就是八里橋勝利的隔天),清朝欽差大臣恭親王弈訢向英法公使額爾金和葛羅致函,要求議和照會如下:)

1860年9月22日(八里橋の勝利の翌日)、清朝の全権大使恭親王(咸豊帝の兄)は英仏連合軍の司令官エルギングロに文書を送り、和議の交渉を求めた。その内容は、下記の通りである:

“欽差便宜行事全權大臣和碩恭親王為照會事: 現因怡親王載、兵部尚書穆辦理不善,已奉旨撤去欽差大臣。本親王奉命授為欽差便宜行事全權大臣,即派恆祺、藍蔚雯等,前往面議和局。貴大臣暫息干戈,以敦和好。為此照會。”[1]

日本語訳:

(→但是兩國公使傳話如果不放還在通州被捉走的巴夏禮和外交人員,是不會談判的。奕訢如此回答...(以下略))

しかし両国の司令官は、通州で捕えられたハリー・パークスと公使団を釈放しなければ交渉できないと伝えた。恭親王はこのように回答した:「もうあなた方は軍事上勝利しているのだから、少しぐらい武官が減ったところで何の差支えがあるだろうか?(既然你們軍事上得勝,少幾個軍官又有何妨呢?)[2]

作戦準備

(→1860年9月26日,聯軍的偵查隊第一次探查到北京城的道路,因為沒有發現清軍兵營,北京之路已經為之敞開。)

1860年9月26日、連合軍の偵察隊は紫禁城への道路を初めて偵察した。清軍の兵営は見られず、既に北京への道が広く開けていた[3]

円明園への進攻

北京への進攻

安定門の開城

結果と影響

関連項目

  • 北京攻略戦

reference

  1. (中国語)《籌辦夷務始末‧咸豐》
  2. (中国語) 1860年:円明園大災難,p.163
  3. (中国語) 1860年:円明園大災難,p.165

参考文献

  • (中国語)(フランス語) 伯納.布立賽(Bernard Brizay),《1860:圆明园大劫难》,浙江古籍出版社(2005),ISBN 7-80715-051-3,フランス語の書名:Le sau du Palais d'Été /1860

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.