化学遺産

化学遺産(かがくいさん)とは、社団法人日本化学会化学遺産委員会日本化学分野の歴史資料の中でも特に貴重な資料を遺産として認定したものである。これらの資料を次世代に受け継いでいくと共に、化学分野の技術と教育の向上・発展に寄与する事を目的とし、2010年3月に制定された。第1回に6件が認定された。

認定資料

号数遺産名関連項目・備考
第1回認定(2010年3月)[1]
1 杏雨書屋宇田川榕菴化学関係資料書物・肖像画など
2 上中啓三アドレナリン実験ノート教行寺所蔵
3 具留多味酸試料池田菊苗うま味
4 ルブラン法炭酸ソーダ製造装置塩酸吸収塔建築物・日産化学工業小野田工場
5 ビスコース法レーヨン工業の発祥を示す資料実験器具など・レーヨン糸
6 カザレー式アンモニア合成装置および関連資料建造物など・旭化成ケミカルズ愛宕事業場(日本窒素肥料
第2回認定(2011年3月)[2]
7 化学講義録 朋百舎密書舎密ポンペ松本良順松江赤十字病院所蔵
8 化学新書など日本学士院川本幸民化学関係資料書物など
9 セルロイド工業の発祥を示す建物および資料大日本セルロイド写真フィルム
10 板ガラス工業の発祥を示す資料旭硝子関西工場・手吹円筒法
第3回認定(2012年3月)[3]
11 眞島利行ウルシオール研究関連資料眞島利行
12 田丸節郎資料、写真および書簡類田丸節郎
13 鈴木梅太郎ビタミンB1発見関係資料鈴木梅太郎ビタミンB1
14 日本の合成染料工業発祥に関するベンゼン精製装置由良浅次郎
15 日本初期の塩化ビニル樹脂成形加工品アロン化成
16 日本のビニロン工業の発祥を示す資料桜田一郎ユニチカ
17 日本のセメント産業の発祥を示す資料浅野セメント日本セメント
第4回認定(2013年3月)[4]
18 小川正孝ニッポニウム研究資料小川正孝
19 女性化学者のさきがけ 黒田チカの天然色素研究関連資料黒田チカ
20 フィッシャー・トロプシュ法による人造石油製造に関わる資料触媒化学
21 国産技術によるアンモニア合成(東工試法)の開発とその企業化に関する資料ハーバー・ボッシュ法
22 日本における塩素酸カリウム電解工業の発祥を示す資料日本化学工業、棚橋寅五郎
第5回認定(2014年3月)[5]
23 日本の近代化学の礎を築いた櫻井錠二に関する資料櫻井錠二
24 エフェドリンの発見および女子教育に貢献のあった長井長義関連資料長井長義
25 旧第五高等学校化学実験場および旧第四高等学校物理化学教室山口半六、久留正道、ドラフトチャンバー
26 化学技術者の先駆け 宇都宮三郎資料舎密開宗
27 日本のプラスチック産業の発展を支えたIsoma射出成形機及び金型
28 日本初のアルミニウム生産の工業化に関わる資料昭和電工森矗昶
第6回認定(2015年3月)[6]
29 早稲田大学蔵 宇田川榕菴化学関係資料舎密開宗、諳厄利斯瀉利鹽考
30 工業用高圧油脂分解器(オートクレーブ小林富次郎ライオン
31 日本の工業用アルコール産業の発祥を示す資料日本アルコール産業
32 日本の塗料工業の発祥を示す資料日本ペイント
33 日本のナイロン工業の発祥を示す資料東レ
第7回認定(2016年3月)[7]
34 『日本の写真化学の始祖「上野彦馬」関連資料』写真湿板
35 明治期日本の化学の先駆者・化学会初代会長 久原躬弦関係資料ベックマン転移
36 野副鐵男の化学遺産―非ベンゼン系芳香族化合物資料と化学者サイン帳ヒノキチオール
37 日本の高圧法ポリエチレン工業の発祥を示す資料チッソ
38 日本の近代的陶磁器産業の発展に貢献したG. ワグネル関係資料ゴットフリード・ワグネル
第8回認定(2017年3月)[8]
39 日本の油脂化学生みの親─辻本満丸関連資料スクアレン魚油
40 日本の酸素工業の発祥と発展を示す資料大陽日酸液体酸素
41 日本における殺虫剤産業の発祥を示す資料上山英一郎勝田純郎
42 近代化粧品工業の発祥を示す資料堤磯右衛門
43 天然ガスかん水を原料とするヨウ素製造設備および製品木製容器合同資源
第9回認定(2018年3月)[9]
44 グリフィス『化学筆記』およびスロイス『舎密学』ウィリアム・グリフィス、Slüys, Pieter Jacob Adrian[10]
45 モノビニルアセチレン法による合成ゴム古川淳二
46 化学起業家の先駆け 高峰譲吉関係資料アドレナリン第一三共
第10回認定(2019年3月)[11]
47 学習院大学南一号館ドラフトチャンバー登録有形文化財にも指定されている
48 我が国初のNMR分光器用電磁石寺沢寛一電気通信大学
49 島津製作所 創業記念資料館および所蔵理化学関係機器・資料等島津源蔵 (初代)島津源蔵 (2代目)
50 銅アンモニウムレーヨン製造装置「ハンク式紡糸機」および関連資料旭化成
第11回認定(2020年3月)[12]
51 タンパク質チトクロムc, タカアミラーゼA)の3次構造模型大阪大学総合学術博物館大阪大学蛋白質研究所に所蔵。角戸正夫
52 日本の近代化学教育の礎を築いた舎密局の設計図(大阪開成所全図)京都大学大学文書館所蔵。クーンラート・ハラタマ
53 日本初の純国産「金属マグネシウムインゴット理化学研究所所蔵。宇部マテリアルズ
54 日本初の西洋医学処方による化粧品「美顔水」発売当時の容器3点桃谷順天館所蔵

参照史料

脚注

  1. http://www.chemistry.or.jp/archives/isan_index.html
  2. http://www2.chemistry.or.jp/archives/isan-nintei2.html
  3. http://www.chemistry.or.jp/archives/isan-nintei3.html
  4. http://www.chemistry.or.jp/news/information/04.html
  5. http://www.chemistry.or.jp/know/heritage/05.html
  6. http://www.chemistry.or.jp/know/heritage/6.html
  7. http://www.chemistry.or.jp/know/heritage/7.html
  8. http://www.chemistry.or.jp/news/information/8-2017.html
  9. http://www.chemistry.or.jp/know/heritage/09.html
  10. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008166372-00
  11. http://www.chemistry.or.jp/news/information/104.html
  12. http://www.chemistry.or.jp/news/information/114.html

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.