勝岡寛次

勝岡 寛次(かつおか かんじ、1957年(昭和32年) - )は、日本歴史学者明星大学戦後教育史研究センター勤務・同大学非常勤講師。専門は日本教育史日台交流教育会事務局次長。「日本の教育改革」有識者懇談会事務局長。国語問題協議会評議委員。

広島県出身。広島大学附属福山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部卒業。早稲田大学大学院博士課程修了。大学院修了後は、明星大学戦後教育史研究センターへ勤務。

活動

1982年(昭和57年)の「第一次教科書問題」の際、7月27日の紙面では検定によって書き換えられた記述の一覧表から件の箇所を外した以外、訂正・謝罪の記事を出してはいなかった。勝岡は、首都圏の大学の教育系サークルの連合体である教育問題研究会学生連絡会議の代表としてデモ隊を率い、9月13日より朝日新聞本社へ抗議、17日には伊藤編集局次長(当時)と会談した。伊藤は、誤報は認めつつも「謝罪はできない」「検定制度にこそ原因がある」と主張したが、19日の朝刊には読者の質問に答える形で誤報を認める記事を掲載した。勝岡らは、内容が不十分であるとして、引き続き抗議行動を続けたが、以降『朝日新聞』がこの時より踏み込んだ訂正記事を掲載することはなかった[1]

かつては新しい歴史教科書をつくる会の主要メンバーであり理事も務めていたが、会の内紛により、2006年(平成18年)4月30日、当時の会長種子島経、元会長八木秀次らと共に退会した。当時の名誉会長西尾幹二は、造反理事4人を「4人組」(勝岡・新田均内田智松浦光修)と名指ししたが、勝岡は『SAPIO』誌上(2006年(平成18年)7月12日号)でこれに反論した。2006年(平成18年)10月、つくる会と袂を別った元理事らは、八木を中心に「日本教育再生機構」を起ち上げている。

著書

単著

  • 『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する 歪曲された対日関係史』小学館小学館文庫〉、2001年8月。ISBN 4-09-402376-3。
  • 『韓国と歴史は共有できない 日韓歴史共同研究のまぼろし』小学館〈小学館文庫〉、2002年7月。ISBN 4-09-402377-1。
  • 『抹殺された大東亜戦争 米軍占領下の検閲が歪めたもの』明成社、2005年9月。ISBN 4-944219-37-7。
  • 『これだけは知っておきたい日韓問題20のポイント 真の友好を築くために 古代史から現代に亘る、「反日」の論理の不当性を徹底検証!』明成社、2007年2月。ISBN 978-4-944219-47-6。
  • 『沖縄戦集団自決――虚構の「軍命令」 マスコミの報道ではわからない県民集団自決の真相に迫る!』明成社、2008年1月。ISBN 978-4-944219-66-7。
  • 『これだけは知っておきたい日中問題20のポイント 東シナ海ガス田開発・「南京大虐殺」・チベット人弾圧 日中関係の現状と課題とは』明成社、2009年5月。ISBN 978-4-944219-84-1。

監修

  • 世界の歴史教科書を考える議員連盟編著『教科書から見た日露戦争 これでいいのか、日本の教科書』展転社、2004年11月。ISBN 4-88656-255-8。
  • 北村芳正『これだけは知っておきたい大東亜戦争 20の最新基礎知識』明成社、2006年9月。ISBN 4-944219-45-8。
  • 古賀俊昭土屋敬之『日本人なら知っておきたい近現代史50の検証』展転社、2008年3月。ISBN 978-4-88656-316-3。

関連項目

脚注

  1. 昭和59年3月8日発行『進撃 第6,7集』より

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.