劉贇

劉 贇(りゅう いん、? - 951年、本名劉 承贇)は、五代時代の王朝・後漢宗室(武寧軍節度使)。実父は劉崇、養父は(伯父の)劉知遠

劉贇
Governor of Wuning Circuit
任期
June 1, 948[1][2]  January 6, 951[3][2]
劉贇
繁体字
簡体字
Liu Chengyun
繁体字
簡体字

劉知遠の実子である劉承祐の皇帝即位に伴い、避諱して名から「承」の字を省いた。

乱兵による劉承祐殺害後、権臣である郭威(後の後周建国者)の思惑により皇帝に擁立される予定であったが、劉承祐弑殺実行者たちの反対に遭って擁立は撤回され、まもなく殺害された。

注意事項と参考資料

注意事項
  1. Old History of the Five Dynasties, vol. 101.
  2. Academia Sinica Chinese-Western Calendar Converter.
  3. Zizhi Tongjian, vol. 289.
参考資料
  • (中国語)Sima Guang (1086). Zizhi Tongjian (資治通鑑) [Comprehensive Mirror for Aid in Government]
先代:
隠帝
五代後漢の第3代皇帝
950年(正式には未即位)
次代:
断絶
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.