割り箸

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
箸(上は木の塗り箸、下は割り箸の一種、元禄箸)

割り箸割箸(わりばし)とは、割れ目を入れてあり、使うときに二つに割るのことである。

概要

割り箸の材質はもしくはでできていることが多く、紙袋に封入されているものも多い。

日本人の木の文化と共に開発された箸であり、来客用、営業用として使われるハレとケの兼用の箸である。祝い事や神事は「ハレ(晴れ)の箸」、家庭用や普段使うのは「ケの箸」、この両方を兼ね備えているのが割り箸である。割り箸を割ることには祝事や神事などにおいて「事を始める」という意味があり、その際には真新しい割り箸が用意されてきた[1]

日本の飲食店では、割り箸は客に無料で提供されることが多いが、中国の飲食店では有料の場合がある。ただしその場合は、洗って繰り返し使っている箸も用意してあり、そちらは無料で使える。

特徴

割り箸には次のような特徴がある。

割裂性
割り箸は竹や杉の割裂性を利用して作られてきた[2]
清潔性
割られる前の割り箸はまだ使われていないことを示しており安心感を与える[2]
機能性
割り箸は使い捨てで飲食店での時間と労力の節約となる[2]。ただし廃棄物の増加などの問題がある。
鑑賞性
割り箸は木の柾目など自然の素材を生かしたもので鑑賞性を持つ[2]

実用的な理由では、素麺ひやむぎうどんなどの 麺類を食べるとき、塗り箸などよりも滑りにくく、食べ物を保持しやすくなる。りんご飴綿菓子に使用する場合、よりも丈夫である事から保持しやすいなどの理由がある。

種類

形状

割り箸の形状は明治から大正期にかけて丁六、小判、元禄、利久、天削の5種類が考案された[2]

丁六
頭部は長方形で中溝も四方の面取りもされていない最も基本的な割り箸[2]。明治10年に奈良県吉野郡の寺子屋教師であった島本忠雄によって考案された[2]。大衆に親しまれるようにと江戸時代に一般庶民が使用した丁銀(丁六)に因んで名づけられた[2]
小判
四方の角を落した形状の割り箸[2]。中溝は彫られておらず、丁六と元禄の中間に位置するような形状をしている。
元禄
四方の角を切り落とし割れ目にも溝を入れた割り箸[2]。明治30年代に大和下市(奈良県下市町)で考案された[2]。箸の先の断面を見ると、八角形が 2つ並んでいるように見える。
利久
千利休が考案したとされる利休箸の小割の工程をもとに、これに割れ目、中溝を付け、さらに両端を削った割り箸[2]。明治末期に大和下市の小間治三郎が考案した[2]。二本合わせると真中が最も太く両端になるに従って細くなる。この形式の割り箸は二本がくっつくと一対の形になることから夫婦利休ともいう[2]。箸業界では縁起を担いで「利久箸」とあてた[2]
天削(てんそげ)
天部分を鋭角に削ぎ落した形状をした割り箸[2]。大正5年に考案された[2]。わずかに先細、角取、溝付などの加工を施す[2]

素材

再生を目的としたプラスチック割り箸

そもそもはを用いて作られていたが、エゾ松なども多く利用される。 普及品には白樺アスペン(ホワイトポプラ)などが用いられることもあるが、アスペンには独特の匂いがある。 素材の違いにより、杉箸、竹箸、白樺箸などと呼ばれる。

見た目の木目の鑑賞性、きれいに裂ける割裂性、木の芳香、適度な強度などの特徴がある。国内では奈良県吉野杉が代表格であり、建築資材を切り出した残りの端材(背板)を利用して作られる。
木の肌が滑らか、香りがよい、耐久性が強い特徴がある。香りには天然の殺虫、防カビ抗菌効果の強い物質が多く含まれる。資材利用の板にする工程が断裁であるため、端材を利用する割り箸としての歩留まりがよい。
エゾ松
木の肌目が細かい、木目が真っ直ぐで割りやすい特徴がある。北海道に自生する松の一種であり、建築資材として価値が高く割り箸にも適していたが、北海道の割り箸の製造業は激減している。
白樺
木質がねばり強い、安値である。白樺は樹液が多く木材としての利用は僅かで、利用されないまま倒木して朽ち果てている状況である。国内の割箸製造業者では、白樺の樹液を煮沸する事により取り去り、有効活用している。
アスペン(ホワイトポプラ、和名:白楊)
木質がやわらかい、白くて軽い、安値である。マッチの軸木として使われており、主にカナダに自生する広葉樹である。紙パルプ用の資材として日本に多く輸入されている。
きれいに割れる、油をはじく特徴がある。天ぷら、うなぎ料理などの日本料理は元より中華料理でも好んで使用される。竹特有の虫の心配があるため梅雨時期を避けて採取され、カビを防ぐために製造の過程で限界まで乾燥を施し、ワサビを主成分とした防カビ材を用いる場合がある。また、竹は成長が早く竹林を維持するには頻繁に手入れを行う必要がある。国内では九州が主な生産地であったが、現在はほとんど中国からの輸入である。他の素材に比べて耐久性が高いので、洗浄してある程度繰り返し使用することが可能である。
プラスチック
中国の輸出規制に伴う木製箸の代替品として開発された、プラスチック製の再生利用型割り箸。素材の特性としてすべりやすいため、麺や豆をつかみやすいよう先端部分に多数の溝加工がされている。

製造方法

スギを用いた割り箸では原料として製材時に出る端材を原料とする。丸太を製材すると断面が円弧状の背板と呼ばれる端材が生じる。これを用いて割り箸に加工する。家内制手工業的な小規模の工場で製造される。また、背板を輸出し、輸出した先で加工し輸入するという方法も行われている。一方でシラカバ等を原料として製造する場合は端材ではなく丸太が用いられる。丸太を合板の単板(ベニヤ)を製造する要領でロータリーレースで板状にし、それから箸に加工する。

長さ

を用いて基本的に4種類。割り箸の独特の慣習で実際は1寸(約3cm)短い寸法となる。

  • 6寸(約16.5cm)、7寸(約18cm)、8寸(約21cm)、9寸(約24cm)

6寸には「丁度六寸」の丁六箸の意味もある。 8寸は末広がりの縁起「八」を兼ねて祝い事(ハレの箸)に多く使用される。

箸袋・箸帯・箸飾り

割り箸はでできた(箸袋、箸包)に入っていることが多い。1916年(大正5年)に大阪の藤村という職工が駅弁用に袋に入れた箸を衛生割箸として意匠登録したことに始まる[2]

コンビニエンスストア弁当などの付属品として提供されるものはポリエチレン製になっている。紙袋に入ったものは割り箸の一部が袋から露出しているものと袋に完全に封入されているもの(完封)がある。ポリエチレン袋に入ったものはすべて密封されている。箸袋の中に爪楊枝が同封されていることがある。その際には爪楊枝で怪我をしないようにとの注意書きがある。

箸袋に「おてもと」と書いてあることがあるが、これは「手もとに置く箸」という意味の「お手もと箸」が省略されたものである[3]。また、箸袋にはその提供元の店名やその連絡先(住所及び電話番号)が書かれていることもある。

日本料理店等では通常の箸袋ではなく箸帯(割り箸の中央部を巻きつけるもの)や箸飾り(割り箸の先端を通しておくもの)を用いているところもある。

歴史

割り箸は江戸時代の「割りかけ箸」や「引き裂き箸」と呼ばれる竹製の箸を起源にしている[2][1]1709年宝永六年)に書かれた出納簿のなかに「杦(すぎ)はし」、「はし」と並んで「わりばし」が記載されている[4]。1800年(寛政12年)頃とする説もある[1]

ただし箸の生産が生業として始められたのは大和下市(奈良県下市町)でのことである[2]。奈良県下市町江戸時代寛政年間以来、吉野杉で作られるの余材を利用した割り箸を産物としており「わりばしの発祥の地」を標榜している[5]

割り箸をめぐる諸問題

ゴミ箱に捨てられた割り箸。割り箸の大量消費は環境問題にも繋がると考えられている

割り箸と環境負荷

日本での割り箸の消費量は年間およそ250億膳でその9割以上が輸入である[6]。2006年、日本で使用された割り箸の98%は輸入品であり、その内99%は中華人民共和国からの輸入品であった[7]。なお、中国国内では年間300億膳の割り箸が消費されている[8]

割り箸は、使い捨ての象徴としてしばしば批判の対象とされた。1940年頃からすでに割り箸の使用は批判されている。その後もたびたび論争が巻き起こっている。今日に繋がる森林破壊の観点からの批判は1989年に「割り箸を使用することにより熱帯雨林が破壊される」という報道が発端であった。

輸入材の割り箸については、木材価格が安いこともあり原木全体を加工して製造される[1]。ただし、ほとんどが建築材料等にならない木を有効利用して作られ、森林資源の継続性の観点から計画的に生産されることが重要とされる[6]。輸入品の多くは、割り箸などを製造するために伐採した間伐材を用いており(ポプラは植林材を使用また建材には不向きで、パルプ用材の中から径の太い15-30cmの物を使用している)、乱伐や使用後の箸の焼却による二酸化炭素(CO2)の排出など、環境問題への影響があるという指摘がある。ただし、中国は世界第二位の合板輸出国であるが、割り箸の木材消費量は全体の約0.16%で[8]、さらに、日本に輸出され使われる割り箸はその半分以下であることから[8]、伐採による森林減少の元凶は他の木材製品であるとする指摘もある[8]

国内産の割り箸については、割り箸製造のために伐採されたものではなく、建築用材の端材や残材あるいは間伐材から製造されたものである[1]。日本での割り箸生産は明治時代に樽を製造する際にスギの端材を有効利用して製造されたことに始まっている[1]林野庁は2005年度から「木づかい運動」をスタートさせており、森林の放置による木々の密集によって森林環境が悪化するのを防ぐ間伐などを行い、CO2を十分に吸収できる森林の形成と国産材の積極的利用を通じた山村活性化を進めている[9]

割り箸に限らず、間伐材を有効利用することは、資金を山に還元することにつながることから、山村の活性化や森林整備の促進というメリットも挙げられている[1]。コンビニエンスストアや外食チェーン店では、日本産の端材や間伐材への転換を進めている企業もある[1]

林野庁の「こども森林館」のウェブページでは「割り箸を使用する私たちも、大量生産・大量消費を見直し、バランスのとれた循環型社会に向けて取り組む必要があるのではないでしょうか」としている[6]

輸入材の安全性の問題

中国から輸入された割り箸に二酸化硫黄などの漂白剤防カビ剤防腐剤が多く残留しているものがあり、人体への影響も懸念されるため、 厚生労働省が策定した「 割箸に係る監視指導について」に基づいた検査を行い、残留していないことが証明されたもののみ使用するようになっている。

割り箸からの転換

中国では2006年11月より資源保護政策の一環として輸出関税10%が付加されるようになった。このため、割り箸を大量に使用する飲食業界では、値上がりや輸入中止などのリスクが危惧されている。松屋フーズ吉野家ワタミフードサービスゼンショーなどのような大手・中堅飲食チェーンでは、割り箸を取りやめ樹脂製の箸(従来学生食堂や社内食堂などで使われていたもの)に切り替えた飲食チェーンが多いが、これは一般に向けてのエコアピールによる企業イメージ向上の目的も強い。

木製の割り箸に比較して、樹脂製の箸は再利用できるものの、費用が割高な上に、劣化による定期的な更改が必要なことや、洗浄で大量の上水道の使用と、洗剤を含んだ排水が発生すること、製造に石油系資源を使うことによる反エコ的側面、医療現場などでの衛生の観点から進んでいるディスポーザブル(使い切り)の流れに反する側面、洗浄の手間がかかることといった事業者側の事情、さらに金属製のスプーンやフォーク等と同様に、他者が口に入れた用具を再利用することへの嫌悪感、麺類・揚げ物が食べにくいといった顧客側の要望から、割り箸の使用を継続、または樹脂製箸と併置して、客の選択肢に任せる事業者も、個人店を中心に多く見られる。

日本では、外食時にも割り箸を使わず、自前の「マイ箸」を使う運動を進めている団体もある。また、韓国では自国の文化の保護とCO2排出量の抑制を目的として、割り箸に多額の税金を課しているため、ほとんどの飲食店では、鉄箸を洗って繰り返し使用している。

竹割箸への転換

近年、木製の割箸から竹製の割り箸への転換も進んでいる。竹は3年余で成長し再生が早く、また、竹製の割り箸には折れにくく美しく割れるといった利点もある[10]。竹製割箸の欠点はカビや虫食いが生じやすい点である。輸入割りばし特に中国産竹製割箸での二酸化硫黄及び亜硫酸塩類・防かび剤の使用が問題となり、日本でも亜硫酸塩類は漂白剤・保存料・酸化防止剤として様々な食品に使用されている食品添加物であるが、厚生労働省はこの問題を受けて2003年以降、二酸化硫黄及び亜硫酸塩類の溶出限度値の引き下げと試験方法の見直しを行った[11]

割り箸のリサイクル

割り箸をコピー用紙などの紙製品へリサイクルする活動に取り組んでいる企業もある[12]

割り箸の割り方

主に次の3種類がよく見掛けられる。

  1. 体の前で割り箸を横方向に保持し、両手で上下に広げて割る
  2. 体の前で割り箸を縦方向に保持し、両手で左右に広げて割る
  3. 片手で割り箸を横方向に保持し、歯で片側を噛んで、片側を手で下に引っ張る

3.は、立ち食い蕎麦を食べる場合など、片手がふさがっている場合などのやむを得ない場合によく行われるが、下品とされる。割った後で他人に手が当たったり、料理をこぼしたりする可能性が低い1.が最もマナーがよいとも言われる。 なお、割り口にささくれ立った部分が残り、指や唇を傷つけないようにするために、両端をこする人もいるが、これを嫌う人もいる。

食べ物を保持する以外の使い方

安価で手ごろな木材として、様々に利用される機会もあるが、前述の環境問題などから使用済みの割り箸の再利用が望ましいともされるが、実現されていない。

  • 工作材料 - 輪ゴムと組み合わせてゴム鉄砲を作る、模型を作る、など
  • 筆記用具 - 鉛筆研ぎ等で先を尖らせ、そこに墨汁絵具を付けて用いる
  • 隠し芸 - 名刺で居合い切りをする、鼻に夾んでおどける、広げた新聞紙の下に一部が隠れるように置き大気圧を利用して割る、など
  • 汚れ回避 - 直接手で触れたくないものをつかむ
  • マツイ棒 - 女優・タレントの松居一代が考案した掃除道具。割り箸にティッシュを巻き、その上からさらに輪ゴムを巻き付けたもので、主に隙間の埃取りに使う。市販もされている
  • 炊き付け、 - アウトドアにおける、焚き火燃料あるいは、割り箸から炭をつくり使用する事も出来る

脚注

  1. 「割箸」と環境問題 森林林業学習館
  2. 勝田春子. 食文化における箸についての一考察 : わが国における箸の変遷 (第3報) (明治時代∼昭和時代)”. 学校法人文化学園. 2019年11月15日閲覧。
  3. お箸の話”. 大月. 2020年4月4日閲覧。
  4. 田中淳夫『割り箸はもったいないか』、2007年。ISBN 978-4-480-06364-9。
  5. 「下市はわりばしの発祥の地です」”. 下市町 (2016年2月26日). 2020年4月4日閲覧。
  6. こども森林館 森林Q&A”. 林野庁. 2012年12月25日閲覧。
  7. 平成20年版環境・循環型社会白書 (PDF)”. 環境省 (2008年). 2011年2月6日閲覧。
  8. 「割箸」と環境問題 東京箸業組合
  9. 環境への取り組み”. 大和物産. 2012年12月25日閲覧。
  10. お箸について”. 大和物産. 2012年12月25日閲覧。
  11. 割りばしに残留する亜硫酸塩の測定法について”. 奈良県保健環境研究センター年報・第43号・平成20年度. 2015年7月1日閲覧。
  12. 王子ホールディングス株式会社

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.