利光三津夫

利光 三津夫(りこう みつお、1927年 - 2009年9月13日[1])は、日本法制史学者慶應義塾大学名誉教授清和大学名誉学長

1950年慶大法学部卒業、同講師助教授教授、62年「律の研究」で京都大学法学博士。91年定年退任、名誉教授、清和大学学長日本貨幣協会会長古代律令制研究したが、のち貨幣史で知られた。

著書

  • 律令及び令制の研究 明治書院 1959
  • 律の研究 明治書院 1961
  • 裁判の歴史 律令裁判を中心に 至文堂 1964 (日本歴史新書)
  • 律令制とその周辺 慶応義塾大学法学研究会 1967
  • 続律令制とその周辺 慶応義塾大学法学研究会 1973
  • 二流人物論 決断しない「一流」紳士たち 日本経済新聞社 1976 (日経新書)
  • 日本古代政治史 慶応通信 1977.10
  • 律令制の研究 慶応義塾大学法学研究会 1981.6
  • 古貨幣夜話 慶応通信 1983.10
  • 日本古代法制史 慶応通信 1986.8
  • 律令制の研究 続 慶応通信 1988.12
  • 日本中世政治史 慶応通信 1989.6
  • 古貨幣七十話 慶應義塾大学出版会 2002.9

共編著

参考

  • 利光三津夫教授略歴・主要著作目録「法学研究」1991-01

脚注

  1. “利光三津夫氏死去 慶応大名誉教授”. 共同通信社. (2009年9月16日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091601000438.html 2011年6月27日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.