利休鼠

江戸時代後期の「四十八茶百鼠」と呼ばれる流行色の一つで、織田信長豊臣秀吉の茶頭であった安土桃山時代の堺の商人千利休とは関係が無い。

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
利休鼠
りきゅうねず
 
16進表記 #888E7E
RGB (136, 142, 126)
CMYK (4, 0, 11, 44)
HSV (83°, 11%, 56%)
マンセル値 -
表示されている色は一例です

利休鼠(りきゅうねず、りきゅうねずみ)は緑色がかった灰色。

名の由来として「地味で控えめな色彩であることから、侘びた色として侘茶を大成させた利休を連想した。」「地味で品のある色合いから、利休好みの色と想像された。」「抹茶のような緑から利休を連想した。」などの説がある。

同じく歴史上の有名人の名を冠した流行色には「小町鼠」などがある。

近似色

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.