内閣大学士

内閣大学士(ないかくだいがくし、満州語:dorgi yamun i aliha bithei da)は、中国朝および朝に存在した官職名。殿閣大学士とも呼称され、任官者は中堂という尊称を受けていた。

なお、日本と現代中華圏の内閣制度の呼称はここに由来する。

明朝

1380年に左丞相胡惟庸失脚を機に宰相の役所であった中書省が廃止され、皇帝親政を望んだ洪武帝は代わりに殿閣大学士を皇帝の秘書役、文華殿大学士皇太子の教育係として設置させたほか、華蓋殿武英殿文淵閣東閣の諸大学士を置いた。当初は単なる相談役で権限はあまりなく、官位も正五品と中堅官僚の待遇と同等に過ぎなかったが、永楽帝が内閣をつくり、翰林院出身者から大学士を選抜して入閣させるようになった。この時期にはまだ相談役とあまり変わらなかったが、その後の洪熙帝期には内閣大学士と尚書(大臣)が兼任されるようになり、公式な場での発言権を持つようになった。

さらに、宣徳帝期には、内閣大学士は票擬を行うようになる。票擬とは皇帝がすべての上奏文に対応するのは無理があるので、それほど重要ではない案件を内閣が検討し、それに対する皇帝の返答の草稿を内閣が作成することである。本来は皇帝がその草稿に目を通して修正するが、草稿がそのまま勅令になることが多く、実質上内閣が皇帝の権限の一部を代行することになり、極めて強い権限を持つようになった。特に、万暦帝のような政治を省みない皇帝のときは、ほとんど皇帝に代わり政治を行っていた。このころから内閣の筆頭閣臣である首輔丞相に例えられるようになり、六部の上に立ち国政を行うとされ、古代の丞相に匹敵する大権を行使するようになった。

もっとも、洪武帝の祖法によって、丞相あるいはそれに準じる役職の設置は事実上タブーとなっていたため、内閣大学士が国政を主導する法的根拠を立てることはできなかった。その任免は皇帝の個人的意向によるところが大きく、皇帝の信任を失えばたちまち辞職に追い込まれるなど、政治的立場はかならずしも強くはなかった。むしろ、政治的立場においては宦官や佞倖(皇帝個人の側近)のそれに近いものにならざるを得なかった。そのため、宦官などの讒言で解任されたり処罰されたりする者や、それを恐れてひたすら皇帝の意向に追従する者もあった[1]

清朝

にもこの制度は受け継がれ、制度もおおむね明朝のものを踏襲していたが、清朝初期は議政王大臣(hebei amban)の会議が政治の実権を握っていたため、当初の内閣は単なる伝達機関に過ぎなかったが、後に明代のように政治の中枢としての機能を持つようになった。しかし雍正帝軍機処を設立すると、皇帝の実権が強化され、諮問機関と位置づけられた軍機処は政治における中枢機関となった。

この制度の中では、内閣が名目上官制の頂点とされたため、上奏文の名義や詔書の公布などは(実質的に軍機処が決済するが)内閣が行うようになった。

主要官制(清朝)

  • 大学士(aliha bithei da)、満・漢それぞれ定員2名。正一品。
  • 協辦大学士(aisilame icihiyara aliha bithei da)、満・漢それぞれ定員1名。従一品。
  • 学士(ashan i bithei da)、満洲人6名、漢人4名。従二品。
  • 侍読学士(adaha hūlara bithei da)、満洲人4名、蒙・漢それぞれ定員2名。従四品。
  • 侍読(adaha hūlara hafan)、満洲人10名、蒙古・漢軍八旗・漢人それぞれ定員2名。正六品。
  • 典籍(dangse bargiyara hafan)、満・漢・漢軍八旗それぞれ定員2名。正七品。
  • 中書(dorgi bithesi)、満洲人70名、蒙古16名、漢軍八旗8名、漢人30名。正七品。
  • 貼写中書、満洲人40名、蒙古6名

明朝の内閣首輔

本項では、明朝の歴代の内閣首輔(大学士の筆頭にあたる者)の一覧を掲載する。

任期姓名任官離任西暦
-黄淮建文4年8月進11月降1402年
1解縉建文4年11月進永楽5年2月罷1402年 - 1407年
2胡広永楽5年2月進16年5月卒1407年 - 1418年
3楊栄永楽16年5月進22年8月降1418年 - 1424年
4楊士奇永楽22年8月進正統9年3月卒1424年 - 1444年
5楊溥正統9年3月進11年7月卒1444年 - 1446年
6曹鼐正統11年7月進14年8月卒1446年 - 1449年
7陳循正統14年8月進天順元年正月罷1449年 - 1457年
-高穀天順元年正月代2月致仕1457年
8徐有貞天順元年2月進6月罷1457年
9許彬天順元年6月進7月罷1457年
10李賢天順元年7月進成化2年3月丁憂1457年 - 1466年
11陳文成化2年3月進5月降1466年
12李賢成化2年5月復12月卒1466年
13陳文成化2年12月進4年4月卒1466年 - 1468年
14彭時成化4年4月進11年3月卒1468年 - 1475年
15商輅成化11年3月進13年6月致仕1475年 - 1477年
16万安成化13年6月進23年10月罷1477年 - 1487年
17劉吉成化23年10月進弘治5年8月致仕1487年 - 1492年
18徐溥弘治5年8月進11年7月致仕1492年 - 1498年
19劉健弘治11年7月進正徳元年10月致仕1498年 - 1506年
20李東陽正徳元年10月進7年12月致仕1506年 - 1512年
21楊廷和正徳7年12月進10年3月丁憂1512年 - 1515年
22梁儲正徳10年3月進12年11月降1515年 - 1517年
23楊廷和正徳12年11月復嘉靖3年2月致仕1517年 - 1524年
24蒋冕嘉靖3年2月進5月致仕1524年
25毛紀嘉靖3年5月進7月致仕1524年
26費宏嘉靖3年7月進5年5月降1524年 - 1526年
27楊一清嘉靖5年5月進7月降1526年
28費宏嘉靖5年7月進6年2月致仕1526年 - 1527年
29楊一清嘉靖6年2月進8年9月致仕1527年 - 1529年
30張璁嘉靖8年9月進10年2月易名孚敬、7月致仕1529年 - 1531年
31翟鑾嘉靖10年7月進10月降1531年
32張孚敬嘉靖10年10月復11年8月致仕1531年 - 1532年
33方献夫嘉靖11年8月進12年4月降1532年 - 1533年
34張孚敬嘉靖12年4月復14年4月致仕1533年 - 1535年
35李時嘉靖14年4月進17年12月卒1535年 - 1538年
36夏言嘉靖17年12月進18年5月致仕1538年 - 1539年
-顧鼎臣嘉靖18年5月代同月降1539年
37夏言嘉靖18年5月復20年8月致仕1539年 - 1541年
38翟鑾嘉靖20年8月進10月降1541年
39夏言嘉靖20年10月復21年7月罷1541年 - 1542年
40翟鑾嘉靖21年7月進23年8月罷1542年 - 1544年
41厳嵩嘉靖23年8月進24年12月降1544年 - 1545年
42夏言嘉靖24年12月復27年正月致仕1545年 - 1548年
43厳嵩嘉靖27年正月進41年5月罷1548年 - 1562年
44徐階嘉靖41年5月進隆慶2年7月致仕1562年 - 1568年
45李春芳隆慶2年7月進5年5月致仕1568年 - 1571年
46高拱隆慶5年5月進6年6月罷1571年 - 1572年
47張居正隆慶6年6月進万暦10年6月卒1572年 - 1582年
48張四維万暦10年6月進11年4月丁憂1582年 - 1583年
49申時行万暦11年4月進19年9月致仕1583年 - 1591年
50王家屏万暦19年9月進20年3月致仕1591年 - 1592年
51趙志皋万暦20年3月進21年正月降1592年 - 1593年
52王錫爵万暦21年正月進22年5月致仕1593年 - 1594年
53趙志皋万暦22年5月進29年9月卒1594年 - 1601年
54沈一貫万暦29年9月進34年7月致仕1601年 - 1606年
55朱賡万暦34年7月進36年11月卒1606年 - 1608年
56李廷機万暦36年11月進40年9月致仕1608年 - 1612年
57葉向高万暦40年9月進42年8月致仕1612年 - 1614年
58方従哲万暦42年8月進泰昌元年12月致仕1614年 - 1620年
59劉一燝泰昌元年12月進天啓元年10月降1620年 - 1621年
60葉向高天啓元年10月復4年7月致仕1621年 - 1624年
61韓爌天啓4年7月進11月致仕1624年
62朱国禎天啓4年11月進12月致仕1624年
63顧秉謙天啓4年12月進6年9月致仕1624年 - 1626年
64黄立極天啓6年9月進7年11月致仕1626年 - 1627年
65施鳳来天啓7年11月進崇禎元年3月致仕1627年 - 1628年
66李国𣚴崇禎元年3月進5月致仕1628年
67来宗道崇禎元年5月進6月致仕1628年
68周道登崇禎元年6月進12月降1628年
69韓爌崇禎元年12月進3年正月致仕1628年 - 1630年
70李標崇禎3年正月進3月致仕1630年
71成基命崇禎3年3月進9月致仕1630年
72周延儒崇禎3年9月進6年6月罷1630年 - 1633年
73温体仁崇禎6年6月進10年6月致仕1633年 - 1637年
74張至発崇禎10年6月進11年4月罷1637年 - 1638年
75孔貞運崇禎11年4月進6月罷1638年
76劉宇亮崇禎11年6月進12年2月罷1638年 - 1639年
77薛国観崇禎12年二月進13年6月致仕1639年 - 1640年
78范復粋崇禎13年6月進14年5月罷1640年 - 1641年
-張四知崇禎14年5月代9月降1641年
79周延儒崇禎14年9月進16年5月罷1641年 - 1643年
80陳演崇禎16年5月進17年2月罷1643年 - 1644年
-蒋徳璟崇禎17年2月代3月罷1644年
81魏藻徳崇禎17年3月進本月卒1644年
-李建泰崇禎17年3月代5月罷1644年
弘1史可法崇禎17年5月進8月出1644年
弘2高弘圖崇禎17年8月進10月罷1644年
弘3馬士英崇禎17年10月進弘光元年閏6月罷1644年 - 1645年
弘4黄道周弘光元年閏6月進隆武元年7月出1645年
隆1路振飛隆武元年7月進2年10月降1645年 - 1646年
隆2丁魁楚隆武2年10月進永暦元年正月畔1646年 - 1647年
-瞿式耜永暦元年正月代2月降1647年
永1呉炳永暦元年2月進8月卒1647年
-瞿式耜永暦元年8月代9月降1647年
永2厳起恒永暦元年9月進3年正月降1647年 - 1649年
永3黄士俊永暦3年正月進4年正月罷1649年 - 1650年
永4厳起恒永暦4年正月進4月罷1650年
永5文安之永暦4年4月進5年2月出1650年 - 1651年
永6呉貞毓永暦5年二月進8年3月卒1651年 - 1654年
永7丁継善永暦8年4月進14年罷1654年 - 1660年
永8馬吉翔永暦14年進15年7月卒1660年 - 1661年
永9張煌言永暦15年7月代18年9月卒1661年 - 1664年
弘5方逢年弘光元年閏6月進監国魯元年6月畔1645年 - 1646年
監1熊汝霖監国魯2年10月進3年正月卒1647年 - 1648年
監2馬思理監国魯3年正月進10月卒1648年
監3張肯堂監国魯4年10月進6年9月卒1649年 - 1651年
監4沈宸荃監国魯6年9月代7年正月卒1651年 - 1652年


脚注

  1. 阪倉篤秀「内閣大学士費宏 -三度の入閣を巡って-」『山根幸夫教授追悼記念論叢 明代中国の歴史的位相』上巻、汲古書院(原著2007年)。ISBN 9784762928154。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.