内藤政苗

内藤 政苗(ないとう まさみつ)は、江戸時代中期の大名上野国安中藩の第3代藩主三河国挙母藩の初代藩主。官位従五位下丹波守。挙母藩内藤家5代。

 
凡例
内藤政苗
内藤政苗
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛保元年5月19日1741年7月1日
死没 享和2年2月30日1802年4月2日
官位 従五位下丹波守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
上野安中藩主→三河挙母藩
氏族 内藤氏
父母 内藤政里脇坂安清の娘
兄弟 政陽政苗
正室朽木玄綱の娘・浄鏡院
政平今井好用室、神谷清俊養女、大久保忠陽継室
養子学文

略歴

安中藩2代藩主・内藤政里の次男として誕生。延享3年(1746年)、父の死去により跡を継ぐ。

寛延2年(1749年)2月6日、三河挙母に移封される。明和3年(1766年)、養子・学文徳川宗将の四男)に家督を譲って隠居し、享和2年(1802年)に62歳で死去した。

系譜

  • 父:内藤政里(1713-1746)
  • 母:脇坂安清の娘
  • 正室:浄鏡院 - 朽木玄綱の娘
  • 生母不明の子女
    • 次男:内藤政平 - 廃嫡
    • 女子:今井好用室 - のち曽根次武
    • 女子:神谷清俊養女
    • 女子:大久保忠陽継室
  • 養子
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.