内山知也

内山 知也(うちやま ちなり、1926年11月15日[1] -2018年7月29日)は、日本の漢文学者、筑波大学名誉教授。斯文会常務理事、漢字文化振興会常務理事。

内山 知也
人物情報
生誕 (1926-11-15) 1926年11月15日(94歳)
日本新潟県
死没 (2018-07-19) 2018年7月19日(91歳没)
国籍 日本
出身校 東京文理科大学
学問
研究分野 漢文学
研究機関 新潟大学
大東文化大学
筑波大学
学位 文学博士

新潟県出身。東京文理科大学漢文学専攻卒業。同研究科修了。新潟大学教育学部講師大東文化大学助教授・教授、1976年筑波大学教授、1980年『隋唐小説研究』で筑波大学文学博士。1992年定年退官、名誉教授、大東文化大学教授、1997年退職。

著書

共編著

翻訳など

  • 『唐代小説選註』編 大東文化大学東洋研究所 1970
  • 『中国詩文選』原田種成共著 桜楓社 1973
  • 羅振玉『甲骨文墨場必携 集殷虚文字楹帖彙編』訳註 木耳社 1986
  • 『文選抄 和刻本六臣註』原田種成共編 汲古書院 1993
  • 『鄭板橋』監修 明清文人研究会編著 芸術新聞社 1997
  • 『新編中国詩文選』鷲野正明河内利治共編 白帝社 1999
  • 徐文長』監修 明清文人研究会編著 白帝社 2009

記念論集

  • 『中国文人論集』内山知也博士古稀記念会編 明治書院 1997

脚注

  1. 『著作権台帳』

参考

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.