八重山郡

八重山郡(やえやまぐん)は沖縄県の人口6,107人、面積363.35km²人口密度16.8人/km²。(2021年2月1日、推計人口

日本 > 九州地方 > 沖縄県 > 八重山郡

以下の2町を含む。

沖縄県八重山郡の範囲

沿革

  • 明治29年(1896年4月1日 - 「沖縄県ノ郡編制ニ関スル件」(明治29年勅令第13号)の施行により、八重山列島の石垣間切、大浜間切、宮良間切および与那国島をもって行政区画としての八重山郡が発足。郡役所を大浜間切に設置。(3間切1島)
  • 明治41年(1908年)4月1日 - 島嶼町村制施行により、全域をもって八重山村が発足。(1村)
  • 大正3年(1914年)4月1日 - 八重山村が下記の4村に分村。(4村)
    • 石垣村 ← 石垣、新川、名蔵、崎枝、川平、桴海、大川、登野城
    • 大浜村 ← 平久保、伊原間、野底、桃里、白保、盛山、宮良、大浜、真栄里、平得
    • 竹富村 ← 竹富、黒島、新城、波照間、小浜、鳩間、西表、上原、崎山、南風見、仲間、古見、高那
    • 与那国村 ← 与那国
  • 大正15年(1926年12月1日 - 石垣村が町制施行して石垣町となる。(1町3村)
  • 昭和20年(1945年)4月1日以降 - 米国海軍軍政府布告1号により米軍占領地域で順次日本政府の統治から切り離されアメリカの統治下になる。
  • 昭和21年(1946年
  • 昭和22年(1947年
  • 昭和23年(1948年
    • 7月1日 - 竹富村が町制施行して竹富町となる。(2町1村)
    • 12月1日 与那国村が町制施行して与那国町となる。(3町)
  • 昭和39年(1964年6月1日 - 大浜町が石垣市に編入。(2町)
  • 昭和47年(1972年)5月15日 - 全域が日本に復帰する(沖縄返還)。「沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律」第3条により「従前の沖縄県は、当然に、地方自治法に定める県として存続するものとする。」と規定され、地方自治法が適用される。

行政

特記なき場合『八重山 近・現代史 略年表』による[1]

八重山島役所長
氏名就任年月日退任年月日備考
1渡辺簡明治12年(1879年)10月那覇警察署八重山島分署在番
2岡本浅雄明治13年(1880年)7月
3内藤寛輔明治14年(1881年)9月
4松枝太一明治16年(1883年)7月
5西常央明治18年(1885年)5月
6伊王野義介明治23年(1890年)7月
7太田祥介明治25年(1892年)1月
8野村道安明治28年(1895年)5月
島司
氏名就任年月日退任年月日備考
1野村道安明治29年(1896年)4月
2黒川作助明治36年(1903年)9月
3中馬孝吉明治39年(1906年)2月
4安東重起大正2年(1913年)11月
5和田竹四郎大正6年(1917年)8月
6瀬戸秀兄大正9年(1920年)12月
7鍵山寅寿大正12年(1923年)4月
8関卯次郎大正13年(1924年)3月大正15年(1926年)6月30日郡役所廃止により、廃官

備考

  • 県議会議員選挙は2町の人口が少ないため八重山郡区というのは存在せず、石垣市区として石垣市と合わせた選挙区となっている。

脚注

  1. 八重山 近・現代史 略年表 1879年(明治12)~1945年(昭和20)8月14日”. 石垣市 (2020年3月2日). 2021年2月27日閲覧。

参考文敵

  • 角川日本地名大辞典』47 沖縄県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1986年6月1日。ISBN 4040014707。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.