八剣橋

八剣橋(やつるぎばし)は、新中川に架かるのひとつで、東岸の東京都葛飾区奥戸九丁目と西岸の奥戸八丁目を結ぶ。橋名は西岸の奥戸八丁目に所在する「八剣神社」から名付けられた。

八剣橋(2012年6月)

歴史

1959年昭和34年)9月[1] 新中川掘削工事に伴い架橋された。その後、下流側に長さ120.3 mの八剣橋人道橋1976年に設置され[2]、人車分離となった。

諸元

  • 形式 – 7径間上路鋼鈑桁橋
  • 橋長 – 111.4 m[1]
  • 幅員 – 4.5 m(車道)

架け替え計画

橋を管理する葛飾区は、安全性と快適性を兼ね備えた橋への架け替えを検討するため「新中川橋梁架け替え事業計画」を平成20年度に策定した。

初年度は、架け替えの計画・検討のための現況調査等を実施する。

周辺

隣の橋

(上流) - 細田橋 - 三和橋 - 八剣橋 - 奥戸新橋 - 中川放水路橋梁 - (下流)

脚注

  1. 八剣橋1959-9 - 土木学会付属土木図書館、2018年6月26日閲覧。
  2. 橋梁長寿命化修繕計画(平成27年度 更新版) (PDF)”. 葛飾区. pp. 3-4 (2015年5月). 2018年6月26日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.