兪樾

兪 樾(ゆ えつ、拼音: Yú Yuè1821年12月25日道光30年12月2日) - 1907年2月5日光緒32年12月23日))は、中国清代末期の学者文人蔭甫曲園春在堂

晩年の兪樾
兪樾の肖像画(『清代学者象伝』)
曲園

生涯

1821年、浙江省湖州府徳清県に生まれる。祖父は兪廷鑣。父は兪鴻漸。兄は兪林。

1850年科挙に合格して進士となる。この時試験官を務めた曽国藩は、兪樾のの「花落春仍在、天時尚艷陽」という一節を賞賛した。それを受けて、兪樾は後に「春在堂」を自身の堂号にした。

合格後、官僚として翰林院編修・国史館協修を務め、その博識を咸豊帝から賞賛されたことから、1855年には河南学政の地位についた。しかし、出題した試験の題について弾劾を受けたため辞職。以降、友人の李鴻章らの援助のもと在野で過ごした[1]

1875年、友人の援助で蘇州の荒れ地を買い取り、湾曲した地形を自ら設計して庭園を造った。庭園名を『老子道徳経』の一節「曲則全」から取って「曲園」と名付け、自らを「曲園居士」と号した。

晩年は、阮元が建設した杭州書院「詁経精舎」で講義した。学風は戴震王念孫王引之の皖派考証学を継ぐ。著名な門人として章炳麟呉昌碩がいる。

1907年2月5日、逝去[2]

曾孫に兪平伯(『紅楼夢』研究者・詩人)がいる。杭州市に兪曲園記念館がある[3]

人物

編著

500巻以上に及ぶ膨大な著作を残した[18]。大概は全集の『春在堂全書』に収録されている[18]

  • 『諸子平議』
  • 『群経平議』
  • 『古書疑義挙例』
  • 春秋外伝国語平議』
  • 爾雅平議』
  • 『春在堂詩編』
  • 『春在堂随筆』
  • 『小浮梅間話』
  • 『右台仙館筆記』
  • 『茶香室雑鈔』
  • 七俠五義
  • 内経弁言』
  • 『東瀛詩選』(日本漢詩の選集)

参考文献

脚注

  1. 宮内保・小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)『兪樾』 - コトバンク
  2. 1907年2月5日 経学大師兪樾逝世 (中国語). 人民網. 2020年4月23日閲覧。
  3. 兪曲園記念館 (日本語). 浙江省政府. 2020年4月21日閲覧。
  4. 小林武『中国近代思想研究』朋友書店、2019年、418頁。ISBN 9784892811784。
  5. 蝦名 2011, p. 7.
  6. 蝦名 2011, p. 8.
  7. 『中国古典文学大系 55 近世随筆集』所収、岩城秀夫抄訳『春在堂随筆』
  8. 『春在堂随筆』によれば、竹添は答えて曰く「安井は私も師事した漢学者だが、昨年九月に亡くなった。それゆえ日本の「読書の種子」は既に絶えた」と答えた。(春在堂隨筆四 第7頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃
  9. 蝦名 2011, p. 9.
  10. 東瀛詩選』 - コトバンク
  11. 川邉 2013.
  12. 高坂史朗「Philosophyと東アジアの「哲学」」『人文研究』第8巻、大阪市立大学、2004年、 1頁。
  13. 倉石武四郎博士講義ノートアーカイブ「講義名: 支那学概論」”. 東京大学東洋文化研究所. 2020年4月21日閲覧。
  14. 哲学雑誌. 21(228)』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  15. 『春在堂詩編』第十三巻 64/99 - 中国哲学書電子化計画
  16. 南京總統府內的楓橋夜泊碑 (中国語). 人民網. 2020年4月23日閲覧。
  17. 川邉 2013, p. 47.
  18. 『中国古典文学大系 55 近世随筆集』414-415頁。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.