全豪オープン

全豪オープン(英語:Australian Open)は、毎年1月後半にオーストラリアメルボルンで開催される4大国際大会の一つである。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。

全豪オープン
公式サイト
開催国 オーストラリア
メルボルン
開催会場 メルボルン・パーク
サーフェス 芝 (1905–87)
ハード (1988–現在)[注 1]
男子ドロー 128S / 128Q / 64D
女子ドロー 128S / 96Q / 64D
賞金総額 A$71,000,000 (2020)[1]
グランドスラム
センターコートの「ロッド・レーバー・アリーナ」

概要

会場のメルボルン・パークには開閉式の屋根付き競技場であるロッド・レーバー・アリーナを中心に、マーガレット・コート・アリーナを含む26面ものコートが整備されている。2000年にはサブアリーナとしてボーダフォン・アリーナ(現在のメルボルン・アリーナ)が建設され、2015年にはマーガレット・コート・アリーナに開閉式屋根を設置する改修工事が完了し、3つの開閉式の屋根付きスタジアムを設けることになった。会場に開閉式の屋根を設置した大会は全豪オープンが最初である。

男子シングルス部門の優勝者にはノーマン・ブルックス・チャレンジ・カップが、女子シングルス部門の優勝者にはダフネ・アクハースト・メモリアル・カップが、其々の表彰式の際にオーストラリア名物であるコアラのぬいぐるみと共に贈られる。2007年まではカンガルーのぬいぐるみが贈られており、これらは本大会ならではの光景となっている。

全豪オープンは、開催時期の変更も多い大会である。クーヨン・テニスクラブで開かれていた時代、1976年までは現在のような1月開催であったが、1977年には1月と12月の2回開催された。その後、1978年から1985年までは12月の年末に開催されていた。1987年から1月開催に戻り、1988年には会場がメルボルン・パークに移転して、現在に至っている。会場移転の決定による開催時期の変更により(1985年12月 → 1987年1月)、「1986年全豪オープン」は開催されなかった。

メルボルン・パークの1番コート。「マーガレット・コート・アリーナ」の名前がある

歴史

1932年に出場した日本選手。中央左より佐藤次郎原田武一布井良助。佐藤は男子シングルスで準決勝進出、混合ダブルスで準優勝した

テレビ放送

オーストラリア国内ではナイン・ネットワークで放映され[6]、男女シングルス決勝は現地時間で夜間に開催される。

2020年現在、日本国内ではNHKWOWOWで放送されている[7]

衛星波については、WOWOWが開局直後の1992年より保有している[8]過去においては、地上波ではテレビ東京による民放中継が2001年まで男女シングルス決勝戦のみ行われていたが、2002年以後は取りやめになった。さらにそれ以前は讀賣テレビ放送を制作局として日本テレビ系列向けに1988年から1991年まで放送していた[9]。2012年以降は日本放送協会(NHK)が一部試合の放送を行っていたが、2015年に地上波の放映権を獲得。原則としてミッドナイトチャンネル枠での録画中継となるが、錦織圭大坂なおみなど日本人注目選手が出場する場合、生中継を実施している[10][11]

過去10年のシングルス優勝者

男子女子備考
2010 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズフェデラーは、オープン化以後では最多タイ記録の優勝4回(歴代2位タイ)。
2011 ノバク・ジョコビッチ キム・クライシュテルス
2012 ノバク・ジョコビッチ ビクトリア・アザレンカアザレンカは、ベラルーシ出身者として初の4大大会優勝。
2013 ノバク・ジョコビッチ ビクトリア・アザレンカジョコビッチは、オープン化以後では最多記録の大会3連覇。最多タイ記録の優勝4回(歴代2位タイ)。
2014 スタニスラス・ワウリンカ 李娜ワウリンカは9年ぶりのBIG4以外の優勝者。
2015 ノバク・ジョコビッチ セリーナ・ウィリアムズジョコビッチは、オープン化以後では最多記録の優勝5回。ウィリアムズはオープン化以降では今大会最年長での優勝。
2016 ノバク・ジョコビッチ アンゲリク・ケルバージョコビッチは史上最多タイの6度目の優勝。
2017 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズフェデラーは7年ぶり5度目の優勝。ウィリアムズはオープン化以降歴代最多となる4大大会通算23度目の優勝。
2018 ロジャー・フェデラー キャロライン・ウォズニアッキフェデラーは2年連続史上最多タイの6度目の優勝、4大大会通算20勝。ウォズニアッキは4大大会初優勝。
2019 ノバク・ジョコビッチ 大坂なおみ大坂なおみはアジア勢で初の世界ランク1位となった。
2020 ノバク・ジョコビッチ ソフィア・ケニンジョコビッチは史上最多の8度目の優勝。ケニンは4大大会初優勝。
2021 ノバク・ジョコビッチ 大坂なおみジョコビッチは3年連続9度目の優勝。大坂なおみは2度目の優勝。

記録

記録 時代 選手
男子 1905年以降
男子シングルス最多優勝 1967以前 ロイ・エマーソン 6 1961, 1963-1967
1968以後 ノバク・ジョコビッチ 9 2008, 2011-2013, 2015-2016, 2019-2021
男子シングルス連覇記録 1967以前 ロイ・エマーソン 5 1963-1967
1968以後 ノバク・ジョコビッチ 3 2011-2013、2019-2021
男子ダブルス最多優勝 1967以前 エイドリアン・クイスト 10 1936-1940, 1946-1950
1968以後 ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン
6 2006-2007, 2009-2011, 2013
2006-2007, 2009-2011, 2013
男子ダブルス連覇記録 1967以前 エイドリアン・クイスト 10 1936-1950
1968以後 ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン
3 2009-2011
2009-2011
男子混合ダブルス最多優勝 1967以前 ハリー・ホップマン
コリン・ロング
4 1930, 1936-1937, 1939
1940, 1946-1948
1968以後 ジム・プー 3 1988-1990
男子最多優勝[注 2] 1967以前 エイドリアン・クイスト 13 1936-1950 (3シングルス, 10ダブルス, 0混合)
1968以後 ノバク・ジョコビッチ 9 2008-2021 (9シングルス, 0ダブルス, 0混合)
女子 1922年以降
女子シングルス最多優勝 全体 マーガレット・コート 11 1960-1966, 1969-1971, 1973
1967以前 マーガレット・コート 7 1960-1966
1968以後 セリーナ・ウィリアムズ 7 2003, 2005, 2007, 2009-2010, 2015,2017
女子シングルス連覇記録
1967以前 マーガレット・コート 7 1960-1966
1968以後 マーガレット・コート
イボンヌ・グーラゴング
シュテフィ・グラフ
ユーゴスラビア モニカ・セレシュ
マルチナ・ヒンギス
3 1969-1971
1974-1976
1988-1990
1991-1993
1997-1999
女子ダブルス最多優勝
1967以前 テルマ・コイン・ロング 12 1936-1940, 1947, 1948-1949, 1951-1952, 1956, 1958
1968以後 マルチナ・ナブラチロワ 8 1980, 1982-1985, 1987-1989
女子ダブルス連覇記録
1967以前 テルマ・コイン・ロング
ナンシー・ウィン・ボルトン
5 1936-1940
1936-1940
1968以後 マルチナ・ナブラチロワ
パム・シュライバー
7 1982-1985, 1987-1989
1982-1985, 1987-1989
女子混合ダブルス最多優勝 1967以前 ダフネ・アクハースト
ネル・ホール・ホップマン
ナンシー・ウィン・ボルトン
テルマ・コイン・ロング
4 1924-1925, 1928-1929
1930, 1936-1937, 1939
1940, 1946-1948
1951-1952, 1954-1955
1968以後 ヤナ・ノボトナ
ラリサ・ネーランド
2 1988-1989
1994-1996
女子最多優勝[注 2] 1967以前 ナンシー・ウィン・ボルトン 20 1936-1952 (6シングルス, 10ダブルス, 4混合)
1968以後 マルチナ・ナブラチロワ 12 1980-2003 (3シングルス, 8ダブルス, 1混合)

優勝回数ランキング

選手回数
ノバク・ジョコビッチ9
ロイ・エマーソン6
ロジャー・フェデラー
ジャック・クロフォード4
ケン・ローズウォール
アンドレ・アガシ

優勝賞金(男女シングルス)

大会 金額(男子) 金額(女子)
1989年大会14万0000AUD13万5000AUD
1990年大会20万0000AUD19万0000AUD
1991年大会24万0000AUD
1992年大会27万0000AUD
1993年大会41万0000AUD
1994年大会46万0000AUD
1995年大会36万0000AUD
1996年大会41万5900AUD38万0000AUD
1997年大会58万5000AUD54万2000AUD
1998年大会61万5000AUD57万2000AUD
1999年大会72万2000AUD67万9000AUD
2000年大会75万5000AUD71万7000AUD
2001年大会83万0500AUD
2002年大会100万0000AUD
2003年大会112万7850AUD
2004年大会120万0000AUD
2005年大会120万6620AUD
2006年大会122万0000AUD
2007年大会128万1000AUD
2008年大会137万0000AUD
2009年大会200万0000AUD
2010年大会210万0000AUD
2011年大会220万0000AUD
2012年大会230万0000AUD
2013年大会243万0000AUD
2014年大会265万0000AUD
2015年大会300万0000AUD
2016年大会340万0000AUD
2017年大会370万0000AUD
2018年大会400万0000AUD
2019年大会410万0000AUD
2020年大会412万0000AUD

脚注

注釈

  1. リバウンドエース (1988–2007) — プレクシクッション (2008–19) — グリーンセット (2020–現在)
  2. シングルス・ダブルス・混合ダブルス合計。

出典

  1. Record $71 million in prize money for Australian Open 2020”. ausopen.com. 2019年12月27日閲覧。
  2. 全豪オープン、19年から最終セットにタイブレーク制導入”. afpbb.com. 2019年12月27日閲覧。
  3. GreenSet Worldwide new official court surface supplier”. Tennis Australia. 2019年11月16日閲覧。
  4. 全豪予選、女子はドバイで テニス”. JIJI.COM. 2020年12月22日閲覧。
  5. ATP Announces Updated Start To 2021 Calendar”. ATP. 2020年12月22日閲覧。
  6. Nine secures rights to the 2019 Australian Open tennis from Seven”. The Sydney Morning Herald (2018年6月24日). 2019年1月18日閲覧。
  7. Broadcast Partners”. ausopen.com. 2020年8月13日閲覧。
  8. WOWOWが「テニス中継」に全力でこだわる理由”. toyokeizai.net. 2020年8月13日閲覧。
  9. 読売テレビ50年社史編纂委員会 編纂 『読売テレビ50年社史』、2009年、182頁。
  10. 【テニス】全豪OP、NHKが放送権獲得へ - スポーツ報知、2014年11月12日、同日閲覧
  11. 錦織の全豪放送権をNHK獲得 - 日刊スポーツ、2014年11月12日、同日閲覧

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.