児島高信

児島 高信(こじま たかのぶ、1895年明治28年)4月22日[1] - 1947年昭和22年)8月12日[2])は、朝鮮総督府官僚

経歴

東京府東京市渋谷区)出身[1]1919年大正8年)、東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、翌年に朝鮮総督府事務官となった[3]。同参事官殖産局商工課長、財務局理財課長、全羅南道内務部長、総督官房会計課長、鉄道局理事を歴任[3]1936年(昭和11年)、咸鏡北道知事に就任し[3]1940年(昭和15年)に李王職次官に転じた[1]。墓所は多磨霊園[2]

脚注

  1. 大衆人事録 1943, p. 朝鮮43.
  2. 児嶋高信”. 歴史が眠る多磨霊園. 2020年10月8日閲覧。
  3. 人事興信録 1939, p. コ100.

参考文献

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 外地・満支・海外篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.