光云大駅

光云大駅(クァンウンデえき)は、大韓民国ソウル特別市蘆原区月渓洞にある韓国鉄道公社(KORAIL)の

光云大駅
駅舎
광운대
クァンウンデ
Kwangwoon Univ.
所在地 ソウル特別市蘆原区石渓路 98-2 (月渓洞 85)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 グループ代表駅
駅等級 3級
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線 
乗車人員
-統計年度-
9,557人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
18,734人/日
-2018年-
開業年月日 1939年7月25日
乗入路線 2 路線
所属路線 1号線(京元電鉄線)
駅番号 119
キロ程 38.5km(逍遥山起点)
◄118 月渓 (1.1km)
(1.1km) 石渓 120►
所属路線 京春線[1]
(正式には忘憂線
駅番号 119
キロ程 4.9km(忘憂起点)
(4.3km) 上鳳 K120►
備考 2013年に城北駅から改称。
光云大駅
各種表記
ハングル 광운대역  
漢字 光云大驛  
平仮名
(日本語読み仮名)
こううんだいえき
片仮名
(現地語読み仮名)
クァンウンデヨク  
英語 Kwangwoon Univ. Station  

韓国鉄道公社首都圏東部本部のグループ代表駅。京釜電鉄線西東灘始終着の列車及び長項電鉄線新昌始終着の列車の一部は当駅までの運行となっている。

利用可能な鉄道路線

韓国鉄道公社 
1号線(京元電鉄線)
京春線[1]

駅番号は両線共通で119が制定されている。

歴史

駅構造

1番ホーム

島式ホーム2面4線と単式ホーム1面1線の合計3面5線を有する地上駅

出口は1ヶ所ある。 

のりば

1 1号線(京元電鉄線) 倉洞議政府楊州東豆川逍遥山方面
2 1号線(京元電鉄線) 当駅終着・九老安養衿井水原西東灘方面
3 1号線(京元電鉄線) 九老温水富平仁川方面
4 1号線(京元電鉄線) 当駅終着・逍遥山仁川水原西東灘新昌方面
5 京春線[1] 春川方面

利用状況

近年の1日平均利用人員推移は下記のとおりである。

年別1日平均乗降・乗車人員[8]
1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2000年 37,182 20,417
2001年 31,874 18,223
2002年 33,359 16,990
2003年 32,502 17,673
2004年 26,211 13,829
2005年 26,195 13,818
2006年 23,782 12,455
2007年 23,863 12,449
2008年 23,898 12,402
2009年 23,422 12,220
2010年 23,195 12,129
2011年 20,962 10,907
2012年 20,501 10,635
2013年 20,203 10,594
2014年 20,329 10,542
2015年 20,103 10,413
2016年 19,902 10,289
2017年 18,921 9,496
2018年 18,734 9,557
2019年 18,946 9,674
2020年 13,190 6,743

駅周辺

隣の駅

韓国鉄道公社
1号線(京元電鉄線)
急行
倉洞駅 (116) - 光云大駅 (119) - 石渓駅 (120)
緩行
月渓駅 (118) - 光云大駅 (119) - 石渓駅 (120)
京春線[1]
緩行
光云大駅 (119) - 上鳳駅 (K120)

脚注

  1. 平日ラッシュ時のみ利用可能である。
  2. 재조선미국육군사령부군정청법령 제75호 조선철도의통일 (1946.05.07) 제2조
  3. このとき所属しているのは城北区である。1973年7月1日道峰区設置に伴い、所属が道峰区に変更。1988年1月1日に道峰区の一部が蘆原区に分離したこと伴い、所属が蘆原区に変更
  4. 철도청 고시 제338호(1967.06.22)
  5. 철도청 고시 제57호(1968.09.09)
  6. 철도청고시 제49호 철도영업키로정표중개정 (1971.11.01)
  7. 코레일 > 사업분야 > 광역철도사업 > 수송통계 > 자료실

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.