元素のブロック

元素のブロック(げんそのブロック)は元素周期表において、最高エネルギー準位の電子の軌道の種類ごとにブロックを分けた物である。この用語は(フランスで)チャールズ・ジャネットによって最初に提唱された[1][2]

元素の周期表。

ブロックの種類には以下の物がある。

ブロック名

s, p, d, f, g, h, ...というブロック名は最高エネルギー準位の電子の軌道(原子軌道)の名前に由来する。それぞれ、s軌道p軌道d軌道f軌道g軌道h軌道、...に対応する。

周期表中のブロック元素の位置

周期表中のブロック元素の位置
  1s
  2s                                                                                                                       2p  2p  2p
  3s                                                                                                                       3p  3p  3p
  4s                                                                                   3d  3d  3d  3d  3d  4p  4p  4p
  5s                                                                                   4d  4d  4d  4d  4d  5p  5p  5p
  6s                                          4f  4f  4f  4f  4f  4f  4f  5d  5d  5d  5d  5d  6p  6p  6p
  7s                                          5f  5f  5f  5f  5f  5f  5f  6d  6d  6d  6d  6d  7p  7p  7p

 (8s 5g 5g 5g 5g 5g 5g 5g 5g 5g 6f 6f 6f 6f 6f 6f 6f 7d 7d 7d 7d 7d 8p 8p 8p)

第8周期で5g軌道によるgブロック元素が現れると考えられているが、第8周期元素はまだ発見されていない

脚注

  1. Charles Janet, La classification hélicoidale des éléments chimiques, Beauvais, 1928
  2. Periodic Table of the Elements(Janet form) (英語). 2011年4月24日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.