元文

元文げんぶん日本元号の一つ。享保の後、寛保の前。1736年から1741年までの期間を指す。この時代の天皇桜町天皇江戸幕府将軍は徳川吉宗

改元

この改元の際、中御門上皇清原氏系の伏原宣通を勘案者に加えるように命じたところ、菅原氏系の学者が明経道(清原氏)が紀伝道(菅原氏)の領域を侵すものだと猛反対して朝廷内部が紛糾した。結局、桜町天皇の決断で宣通起用は中止されたものの、桜町天皇と関白一条兼香による官制改革のきっかけとなる事件の一つであった[1]

出典

文選』の「武創基、集大命、皆体天作制、順時立政、至于帝皇、遂重熙而累盛」から。

武によって世を開き、文によって天命を伝え、天に従い、時に随って政事を行えば、国は大いに栄えるという意味である

元文年間の出来事

誕生

死去

西暦との対照表

※は小の月を示す。

元文元年(丙辰一月※二月三月四月※五月六月※七月※八月九月※十月※十一月十二月
グレゴリオ暦1736/2/123/124/115/116/97/98/79/510/511/312/21737/1/1
ユリウス暦1736/2/13/13/314/305/296/287/278/259/2410/2311/2112/21
元文二年(丁巳一月※二月三月四月五月※六月七月※八月※九月十月※十一月閏十一月※十二月
グレゴリオ暦1737/1/313/13/314/305/306/287/288/269/2410/2411/2212/221738/1/20
ユリウス暦1737/1/202/183/204/195/196/177/178/159/1310/1311/1112/111738/1/09
元文三年(戊午一月※二月三月四月※五月六月※七月八月※九月十月※十一月十二月※
グレゴリオ暦1738/2/193/204/195/196/177/178/159/1410/1311/1212/111739/1/10
ユリウス暦1738/2/83/94/85/86/67/68/49/310/211/111/3012/30
元文四年(己未一月二月※三月四月※五月六月七月※八月九月※十月十一月※十二月
グレゴリオ暦1739/2/83/104/85/86/67/68/59/310/311/112/112/30
ユリウス暦1739/1/282/273/284/275/266/257/258/239/2210/2111/2012/19
元文五年(庚申一月※二月三月※四月※五月六月七月※閏七月八月九月※十月十一月※十二月
グレゴリオ暦1740/1/292/273/284/265/256/247/248/229/2110/2111/1912/191741/1/17
ユリウス暦1740/1/182/163/174/155/146/137/138/119/1010/1011/812/81741/1/6
元文六年(辛酉一月※二月三月※四月※五月六月※七月八月九月※十月十一月十二月※
グレゴリオ暦1741/2/163/174/165/156/137/138/119/1010/1011/812/81742/1/7
ユリウス暦1741/2/53/64/55/46/27/27/318/309/2910/2811/2712/27

脚注

  1. 久保貴子「改元にみる朝幕関係」『近世の朝廷運営-朝幕関係の展開-』(岩田書院、1998年) ISBN 4-87294-115-2 P243-246

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.