元勲

元勲(げんくん)とは、国政に対して大きな功績があった者をさす用語[1]で、近代日本においては特に明治維新以降政界に影響力を持った有力政治家を指すことが多い[2]

日本における元勲

明治維新を実現し、明治政府の樹立・安定に寄与した一群の人物たちは特に「元勲」と呼ばれた。「元勲」の語は、1882年明治15年)、板垣退助岐阜において、暴漢に刺された時(岐阜事件)、明治天皇が「板垣は国家の元勲なり、捨て置くべきにあらず[3]」と宣されたのを嚆矢とし、1885年(明治18年)のころからマスコミ等において用いられ、当初は、板垣退助大久保利通西郷隆盛木戸孝允三条実美など初期の最有力者を指していた[4]。その後、伊藤博文などの後の世代も元勲という呼び名で呼ばれるようになったが、当初は「元老」と混用されて用いられていた。やがて制度としての元老が浸透すると、元勲はもっぱら維新の功労者であった実力者達に対して用いられるようになった。

内閣制度発足後には伊藤博文、山縣有朋黒田清隆、そして維新の折には大きな影響力を持たなかった松方正義桂太郎も、元勲優遇の詔勅を受けている。

明治日本の元勲

※ 各出身内での順番は生年順

京都出身

薩摩出身

長州出身

土佐出身

肥前出身

肥後出身

紀州出身

幕府出身

脚注

  1. 明治期の日本政府は足助重範南朝の元勲としており(故足助重範ヲ追賞シ正四位ヲ贈ラル アジア歴史資料センター Ref.A15112395300 )、また『読売新聞』1920年(大正9年)8月11日5面「独逸のヴ元帥逝く 独逸陸軍界の元勲である」、同1924年(大正13年)6月19日3面「ムソリニ首相 元勲内閣を推薦 首相は平大臣となる 拉致事件意外に展開」などがある。
  2. デジタル大辞泉『元勲』 - コトバンク
  3. (明治15年4月7日)この日閣議の定日なりしも、にわかこれを中止し、参議・山縣有朋参内して状を闕下に奏す。聖上(明治天皇いたく宸襟を悩まされ『板垣は国家の元勲なり。捨て置くべきにあらず』とのたまひ畏くも侍従一名、侍医一名を差遣の御沙汰あり。(『明治憲政経済史論』国家学会編、1919年(大正8年)4月15日、239頁)
  4. 伊藤 2016, p. 51.
  5. 山脇之人 『維新元勲十傑論』
  6. 三条内大臣ヲ正一位ニ叙スルノ詔 アジア歴史資料センター Ref.A14110276700 
  7. 三条太政大臣ヨリ西郷大将ニ贈ラル丶書簡案 アジア歴史資料センター Ref.A03022895000 
  8. 日本大百科全書(ニッポニカ)『元勲』 - コトバンク
  9. 正二位勲一等伯爵松方正義ニ賜フノ勅語 アジア歴史資料センター Ref.A14110286800 
  10. 元勲優遇ノ詔(黒田) アジア歴史資料センター Ref.A14110275200 
  11. 故島津前左大臣弔慰ノ宣旨 アジア歴史資料センター Ref.A14110274700 
  12. 従一位勲一等公爵島津忠義薨去ニ付特ニ国葬ヲ行フ アジア歴史資料センター Ref.A15113178900 
  13. 元勲優遇ノ詔 アジア歴史資料センター Ref.A14110284100 
  14. 元勲優遇ノ詔 アジア歴史資料センター Ref.A14110285000 
  15. 桂公爵ニ賜フ勅書 アジア歴史資料センター Ref.A14110303800 
  16. 国葬勅令 アジア歴史資料センター Ref.A10110339100 
  17. 「生ける国宝!! 唯一人現存する明治維新の大元勲」『読売新聞』1926年(大正15年)4月22日。

参考文献

  • 山脇之人 維新元勲十傑論』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 伊藤之雄 『元老―近代日本の真の指導者たち』 中央公論新社中公新書 ; 2379〉、2016年。ISBN 978-4-12-102379-7。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.