健康保険法施行令

健康保険法施行令(けんこうほけんほうしこうれい、大正15年勅令第243号)は、健康保険法に基づいて定められた勅令(現在は政令として効力を有する。)であり、全国健康保険協会の資金運用、健康保険組合や保険給付、健康保険組合連合会を主に扱う。1926年(大正15年)6月30日に公布された。

健康保険法施行令

日本の法令
法令番号 大正15年勅令第243号
種類 社会保障法
効力 現行法
主な内容 国民健康保険制度について
関連法令 健康保険法、船員保険法など
条文リンク e-Gov法令検索

構成

  • 第1章 全国健康保険協会の資金の運用(第1条)
  • 第2章 健康保険組合
    • 第1節 設立(第1条の2 - 第5条)
    • 第2節 管理(第6条 - 第14条)
    • 第3節 財務及び会計(第15条 - 第24条)
    • 第4節 特定健康保険組合の認可(第25条)
    • 第5節 地域型健康保険組合の一般保険料率の認可(第25条の2)
    • 第6節 合併及び分割並びに解散(第26条 - 第31条)
    • 第7節 雑則(第32条・第33条)
  • 第3章 育児休業の根拠法令(第33条の2)
  • 第4章 保険給付(第33条の3 - 第44条)
  • 第5章 費用の負担(第44条の2 - 第56条の2)
  • 第6章 健康保険組合連合会(第57条 - 第60条)
  • 第7章 雑則(第61条 - 第73条)
  • 附則

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.