俵万智

俵 万智(たわら まち、1962年12月31日 - )は、日本の歌人。本名同じ。結社「心の花」所属。所属事務所は東京コンサーツ。父は希土類磁石の研究者の俵好夫

たわら 万智まち
誕生 (1962-12-31) 1962年12月31日(58歳)
日本 大阪府北河内郡門真町(現・門真市
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 早稲田大学第一文学部日本文学専修
活動期間 1986年 -
ジャンル 短歌
代表作サラダ記念日』(1987年)
チョコレート革命』(1997年)
主な受賞歴 角川短歌賞(1986年)
現代歌人協会賞(1988年)
紫式部文学賞(2003年)
若山牧水賞(2006年)
所属 心の花
公式サイト 俵万智 公式ホームページ
『 俵万智のチョコレートBOX 』
ウィキポータル 文学

人物

大阪府北河内郡門真町(現門真市)生まれ、同四條畷市福井県武生市(現・越前市)育ち。福井県立藤島高等学校に入学し、演劇部に所属した。指定校推薦早稲田大学第一文学部に入学、日本文学専修に進級した。在学中に心の花を主宰している佐佐木幸綱に師事し短歌の世界に入った。なお、大学時代は「アナウンス研究会」に入っていた(フジテレビアナウンサー軽部真一は同研究会の同期)。

1985年(昭和60年)に大学を卒業すると、神奈川県立橋本高等学校の国語教員として働きながら発表した『野球ゲーム』で第31回角川短歌賞次席。受賞は米川千嘉子に譲るも、その奔放で斬新な表現が歌壇の話題をさらった。翌年、『八月の朝』で第32回角川短歌賞を受賞。同年の次席は穂村弘であった。1987年(昭和62年)発行の第一歌集『サラダ記念日』は歌集としては異例の大ベストセラーとなって社会現象を引き起こし、ライトヴァースの旗手として口語短歌の裾野を一気に広げた。日常会話で使われるカタカナを巧みに使い、親しみやすい歌風は多くの人々の心を掴んだ。

1994年(平成6年)、戯曲「ずばぬけてさびしいあのひまわりのように」を書き、つかこうへい事務所が上演した。その時の様子は『ひまわりの日々』に描かれている。また2003年(平成15年)より初の小説『トリアングル』を読売新聞に連載、阿木燿子監督の『TANNKA 短歌』として映画化された。2003年11月に男児を出産。

2006年(平成18年)歌集「プーさんの鼻」で第11回若山牧水賞を受賞[1]。同年から宮城県仙台市に居住していたが、2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の発生を受け、沖縄県石垣島に移住した[2]宮崎県日向市で開催されている「牧水・短歌甲子園」の審査員を、同じ佐佐木幸綱の門下生で、東日本大震災の発生により仙台市から宮崎市に移住した大学の後輩である大口玲子と共に務めた縁から、2016年(平成28年)4月からは宮崎市に移住[3]。2020年3月、宮崎県の全国障害者芸術・文化祭の広報アンバサダー(大使)に就任した[4]

季刊誌『考える人』(新潮社)で「考える短歌」を連載中。1996年6月から、毎週日曜日読売新聞の『読売歌壇』の選と評を務める。また、2019年6月からは、西日本新聞にて、心にのこる一首と出会った作者の思い出を綴る「俵万智の一首一会」を、隔月で連載している[5]

年譜

作品

歌集

  • 第一歌集『サラダ記念日河出書房新社、1987年 のち文庫
  • 『とれたての短歌です』浅井慎平写真、角川書店、1987年 のち文庫
  • 『もうひとつの恋』浅井慎平写真、角川書店 1989年 のち文庫
  • 第二歌集『かぜのてのひら』河出書房新社、1991年 のち文庫
  • 第三歌集『チョコレート革命』河出書房新社、1997年 のち文庫
  • 『小さな友だち』管洋志写真 、講談社 1996年
  • 『花束のように抱かれてみたく』稲越功一写真、同朋舎 1997年 のち角川文庫
  • 『そこまでの空 俵万智の贈りもの』安野光雅絵、河出書房新社 1998年
  • 『恋文』荒木とよひさ共著 主婦と生活社、2003年 のち中公文庫
  • 『会うまでの時間 自選歌集』文藝春秋、2005年
  • 第四歌集『プーさんの鼻』文藝春秋、2005年 のち文庫
  • 『たんぽぽの日々 俵万智の子育て歌集』市橋織江写真、小学館、2010年
  • 『生まれてバンザイ』童話屋、2010年
  • 『あれから 俵万智3・11短歌集』今人舎、2012年
  • 『風が笑えば』奥宮誠次写真、中央公論新社、2012年
  • 第五歌集『オレがマリオ』文藝春秋、2013年 のち文庫
  • 第六歌集『未来のサイズ』角川文化振興財団 2020年

エッセイ他

  • 『よつ葉のエッセイ』河出書房新社、1988 のち文庫
  • 『魔法の杖 対談集』河出書房新社、1989 のち文庫
  • 『りんごの涙』文藝春秋、1989 のち文庫
  • 『短歌の旅』文藝春秋、1992 のち文庫
  • 『俵万智のハイテク日記 Alice in hi-teck land』朝日新聞社、1992 のち文庫
  • 『ふるさとの風の中には 詩人の風景を歩く』内山英明写真 河出書房新社、1992
  • 『恋する伊勢物語筑摩書房、1992 のち文庫
  • 『短歌をよむ』岩波新書、1993
  • 『旬のスケッチブック』角川文庫、1993
  • 『日本語はすてき』河出書房新社、1993
  • 『かすみ草のおねえさん』文藝春秋、1994 のち文庫
  • 『そこまでの空』安野光雅絵 河出書房新社、1994
  • 『本をよむ日曜日』河出書房新社、1995
  • 『三十一文字のパレット』中央公論社、1995 のち文庫
  • 『こんにちは、ふるさと』河出書房新社、1995
  • 『ひまわりの日々』ベネッセコーポレーション、1995 のち福武文庫
  • 『あなたと読む恋の歌百首』朝日新聞社 1997、のち文春文庫
  • 『さよならごっこ』角川mini文庫、1997
  • 『燃える肌を抱くこともなく人生を語り続けて寂しくないの』野村佐紀子写真 河出書房新社、1998
  • 『言葉の虫めがね』角川書店、1999 のち文庫
  • 『九十八の旅物語』平地勲写真、朝日新聞社、2000
  • 『三十一文字のパレット 2』中央公論新社、2000 のち文庫
  • 『風の組曲』河出書房新社、2000
  • 『ある日、カルカッタ』新潮社、2001 のち文庫
  • 『俵万智と野崎洋光のゆっくり、朝ごはん。』廣済堂出版、2001
  • 『101個目のレモン』文藝春秋、2001 のち文庫
  • 『百人一酒』文藝春秋 2003、のち文庫
  • 『愛する源氏物語』文藝春秋、2003 のち文庫
  • 『考える短歌 作る手ほどき、読む技術』新潮新書、2004
  • 『花咲くうた 三十一文字のパレット 3』中央公論新社、2005 のち文庫
  • 『かーかん、はあい 子どもと本と私』朝日新聞出版、2008
  • 『かーかん、はあい 子どもと本と私2』朝日新聞出版、2010
  • 『ちいさな言葉』岩波書店、2010
  • 富士山うたごよみ』福音館書店、2012
  • 『短歌のレシピ』新潮新書、2013
  • 『旅の人、島の人』ハモニカブックス、2014
  • 『そだちノート』アリス館、2014
  • 『ありがとうのかんづめ』小学館、2017
  • 牧水の恋』文藝春秋、2018

共著

小説

  • トリアングル 中央公論新社、2004 のち文庫

翻訳

  • おーい、おりてよ ジョン・バーニンガム JR西日本コミュニケーションズ 1989
  • マドレーヌのクリスマス ルドウィッヒ・ベーメルマンス 佑学社 1989
  • クリスマスのほし マーカス・フィスター 講談社 1995
  • みだれ髪 1-2 チョコレート語訳 与謝野晶子 河出書房新社 1998 のち文庫
  • こねこのクレオ ステラ・ブラックストーン 教育画劇 2003
  • クレオとキャスパー ステラ・ブラックストーン 教育画劇 2003
  • クレオのゆきあそび ステラ・ブラックストーン 教育画劇 2003
  • こっちおいでクレオ ステラ・ブラックストーン 教育画劇 2004
  • クレオのひっこし ステラ・ブラックストーン 教育画劇 2004
  • いつまでも アンナ・ピンヤタロ 主婦の友社 2007
  • クマと森のピアノ デイビッド・リッチフィールド ポプラ社 2017

出演

逸話

  • 福井市田原町駅駅名標には平仮名で「たわらまち」と書かれている。俵万智は高校生のときに武生市から福井県立藤島高等学校に通う際、田原町駅を利用していた。そのため駅名にちなんだペンネームではないかと言われることがよくあるが、れっきとした本名である。高校時代は田原町駅のおかげで他人から名前をすぐ覚えられたという。
  • 広島東洋カープのファン。
  • 20代の若さで『サラダ記念日』で脚光を浴びたため、短歌に疎い世代からは「もう生存していない人」と勘違いしている学生も多くいる。
  • ツイッターで息子の俵に似た言葉の言い回しが話題となっている。
  • 俵が作詞し、おかあさんといっしょで歌われた「銀ちゃんのラブレター」という曲がある。この曲の歌詞に登場するぎんのじょうくんという男の子の名前は俳優の山崎銀之丞から拝借した。彼女が山崎のファンであり、ファンクラブの名誉会長を務めていたこともありその縁で実現した。
  • 2000年代頃に自身が参加した書店のイベントで、萩原慎一郎が短歌を始めたきっかけを作ったとされる。『歌集 滑走路』には萩原のあとがきにその事が書かれている。また、萩原慎一郎が受賞した短歌大会のパーティーで俵万智は萩原に直接その話を聞き嬉しかったが、それが最初で最期の会話となってしまったと後に語っている[6]。歌集滑走路の帯の推薦文は俵万智が書いている。

脚注

  1. 歴代受賞者 第11回若山牧水賞”. 若山牧水賞. 2020年4月12日閲覧。
  2. サラダ記念日25年(上)歌人・俵万智 石垣島で子育てと創作の日々”. MSN産経ニュース (2012年4月24日). 2012年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  3. 俵万智さん、宮崎に移住 創作活動拠点へ”. 宮崎日日新聞 (2016年4月13日). 2020年4月12日閲覧。
  4. 俵万智さん 国文祭広報大使 牧水賞などで縁”. 読売新聞 (2020年3月15日). 2020年4月12日閲覧。
  5. 「俵万智の一首一会」”. 西日本新聞. 2020年4月12日閲覧。
  6. 【俵万智の一首一会】非正規の翼 弱者に寄り添いエール”. 西日本新聞. 2020年4月12日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.