佐々木正五

佐々木 正五(ささき しょうご、1916年6月18日 - 2014年11月20日)は、日本海軍軍医、微生物学者、医学博士慶應義塾大学名誉教授東海大学名誉教授、東海大学医療技術短期大学学長。正七位(1945年)勲二等瑞宝章(1993年)。

人物・来歴

樺太機関車を扱う商家に生まれた。樺太の小学校から3年生の時に慶應義塾幼稚舎に編入。1941年(昭和16年)4月に慶應義塾大学医学部細菌学教室に入り、翌月に海軍二年現役軍医科士官となる。太平洋戦争開戦により短期現役仕官より転じて、真珠湾攻撃潜水艦乗員として参加。1944年より陸上勤務。1945年に復員。

戦後、慶應義塾大学研究室に戻り、貧弱な研究設備の中で創意工夫を重ね、日本の細菌学の発展に貢献。1948年に医学博士、1963年に教授。無菌マウスを日本で初めて輸入した。1974年には東海大学の医学部設立にあたり初代の学部長に就任。ほか、日本細菌学会理事長、国際無菌生物学会初代会長などを歴任。

2014年11月20日に心不全のため死去した[1]。98歳没。

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.