低地

低地(ていち)は、主に周囲と比べて低い土地海抜の低い土地のことである。単に低い土地のことも表す。低地の対義語は高地である。

概要

低地は河川などの浸食のほかに、大昔海底だった場所が海岸線の後退によって出来たものなどある。単に低い土地を低地とも呼べるが、河川沿いの大規模な低地のことを指すこともできる。

主な低地

日本
  • 加須低地(一部に沖積台地化した加須・羽生台地を含む)
  • 荒川低地
  • 中川低地(中川低地の河畔砂丘群も参照)
  • 菅沼低地
  • 江戸川低地
  • 多摩川低地
  • 東京低地(中川低地、荒川低地の一部を含む)
  • 富山低地

など

ヨーロッパ
アフリカ
アジア
オーストラリア
アメリカ

脚注

  1. エリトリアの基本情報”. ネットワーク総合辞典. 2008年5月15日閲覧。
  2. トルファン(吐魯番)~TULUFAN”. JTB. 2008年5月15日閲覧。
  3. オーストラリア発見”. オーストラリア政府. 2008年5月15日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.