伺候席

伺候席(しこうせき)とは、江戸城に登城した大名旗本が、将軍に拝謁する順番を待っていた控席のこと。殿席、詰所とも。

概要

伺候席は拝謁者の家格官位、役職等により分けられており、大名家にとってその家格を表すものとして重視されていた。

大名が詰める席には大廊下席、大広間席、溜詰帝鑑間席、柳間席、雁間詰、菊間広縁詰の七つがあり、それぞれに詰める大名は出自や官位を元に幕府により定められていた。ただし、役職に就任した場合は、その役職に対して定められた席(奏者番ならば芙蓉間、大番頭なら菊間等)に詰めた。

将軍の執務・生活空間である「奥」から最も近いのは「溜間」次いで「雁間」「菊間広縁」「帝鑑間」と主に譜代大名が詰める席となっており、官位や石高では大廊下や大広間の親藩・外様大名の方が上だが、将軍との親疎では遠ざけられていた[1]

大広間席、帝鑑間席、柳間席の大名は「表大名」といわれ、五節句や月次のみ登城した。

それぞれの伺候席に詰めた大名家は以下の通り。

大廊下席

大廊下席(おおろうか)は、将軍家の親族が詰めた部屋。上之部屋と下之部屋の二つに仕切られていた。

上之部屋は御三家が詰めた。江戸初期は、三代将軍家光の血筋である御両典(甲府藩館林藩)も詰め、中期以降八代将軍吉宗によって新設された御三卿の当主も詰めるようになった。一橋徳川家の縁戚となった福岡藩黒田家当主、家光の正室本理院孝子鷹司信平が大名に取り立てられた際に、松平姓を許されて上野吉井に一万石を給され上之部屋に詰めることになる(鷹司松平家)。

下之部屋は加賀藩前田家が詰めていた。また、初期には、福井藩松平家、足利氏古河公方家)の末裔である喜連川氏の当主もここに詰めていた(後に福井藩松平家は大広間、喜連川氏は柳間に下がる)。江戸後期になると、十一代将軍家斉の男子を養子に迎えたり、女子を正室に迎えたりした大名が多発した。たとえば、阿波藩蜂須賀家津山藩越前松平家、明石藩越前松平家などである。これらの当主は大広間から大廊下に転じる場合があった。

殿席家名領国石高初官経過極官親疎城主備考
大廊下-上 尾張中納言
(尾張徳川家)
尾張名古屋 61万9,500石従三位
権中将
家督時-中納言
部屋住-宰相
従二位
大納言
御三家城主賜諱・世嗣殿上元服 
大廊下-上 紀伊中納言
(紀州徳川家)
紀伊和歌山55万5,000石従三位
権中将
家督時-中納言
部屋住-宰相
従二位
大納言
御三家城主賜諱・世嗣殿上元服  
大廊下-上 田安右衛門督
(田安徳川家)
-10万石従三位
権中将
家督時-中納言
部屋住-宰相
従二位
権大納言
御三卿-賜諱・世嗣殿上元服
大廊下-上 一橋民部卿
(一橋徳川家)
-10万石従三位
権中将
家督時-中納言
部屋住-宰相
従二位
権大納言
御三卿-賜諱・世嗣殿上元服
大廊下-上 清水式部卿
(清水徳川家)
-10万石従三位
権中将
家督時-中納言
部屋住-宰相
従二位
権大納言
御三卿-賜諱・世嗣殿上元服
大廊下-上 甲府宰相
(甲府徳川家)
甲斐甲府35万石従三位
権中将
家督後-宰相従三位
権中納言
御両典城主賜諱・世嗣殿上元服
定府
大廊下-上 館林宰相
(館林徳川家)
上野館林35万石従三位
権中将
家督後-宰相従三位
権中納言
御両典城主賜諱・世嗣殿上元服
定府
大廊下-上 水戸宰相
(水戸徳川家)
常陸水戸35万石正四位下
権少将
従三位
中将
正三位
中納言
御三家城主賜諱・世嗣殿上元服
定府
大廊下-下 松平加賀宰相
(前田家)
加賀金沢102万5,000石正四位下
権少将
家督時-権中将
50歳-宰相
従三位
宰相
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大廊下-下 松平越前守
(福井松平家)
[注釈 1]
越前福井32万石従四位下
権少将
家督時-侍従正四位下
権中将
御家門大身国持賜諱・世嗣殿上元服
大廊下-下 松平左兵衛督
(鷹司松平家)
上野吉井1万石従四位下
左兵衛督
家督時-侍従従四位下
左兵衛督
紀伊家連枝無城定府
大廊下-下 松平越後守
(越前松平家)
[注釈 2]
美作津山10万石従四位下家督時-侍従正四位下
権中将[注釈 3]
御家門大身国持賜諱・世嗣殿上元服[注釈 4]

ただしこれら席次や官位は、各藩や幕府の都合により変更されることがあった。

大広間席

大広間席(おおびろま)は、国持大名(国主)および准国持大名(准国主)が入った部屋。国主以外でも、四品以上の官位を持つ親藩および外様大名はこの席に詰めた。

殿席家名領国石高初官経過極官親疎城主備考
大広間 松平薩摩守
(島津家)
薩摩鹿児島72万石従四位下
侍従
家督時-権少将従四位上
権中将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平陸奥守
(伊達家)
陸奥仙台62万石従四位下
侍従
家督時-権少将従四位上
権中将
外様大身国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平摂津守
(尾張松平家)
美濃高須3万石従四位下
侍従
家督翌年-権少将従四位上
権少将
尾張連枝無城
大広間 松平左京大夫
(紀伊松平家)
伊予西条3万石従四位下
侍従
家督翌年-権少将従四位上
権少将
紀伊連枝無城定府
大広間 細川越中守
(細川家)
肥後熊本54万石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様大身国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平筑前守
(黒田家)
筑前福岡47万3,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平安芸守
(浅野家)
安芸広島42万6,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平肥前守
(鍋島家)
肥前佐賀35万7,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様大身国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平長門守
(毛利家)
長門萩36万9,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平相模守
(池田家)
因幡鳥取32万5,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 藤堂和泉守
(藤堂家)
伊勢安濃津32万3,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平備前守
(池田家)
備前岡山31万5,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平阿波守
(蜂須賀家)
阿波徳島25万7,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平土佐守
(山内家)
土佐高知24万2,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 松平出羽守
(松江松平家)
出雲松江18万6,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
御家門本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 上杉弾正大弼
(上杉家)
出羽米沢15万石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様大身国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 宗対馬守
(宗家)
対馬府中
(厳原)
10万石格四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様本国持賜諱・世嗣殿上元服
大広間 有馬中務大輔
(有馬家)
筑後久留米21万8,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様大身国持
大広間 佐竹右京大夫
(佐竹家)
出羽久保田20万5,000石四品家督時-侍従従四位下
権少将
外様大身国持
大広間 松平大学頭
(水戸松平家)
陸奥守山2万石四品家督翌年-侍従従四位下
侍従
水戸連枝無城定府
大広間 松平播磨守
(水戸松平家)
常陸府中2万石四品家督翌年-侍従従四位下
侍従
水戸連枝無城定府
大広間 伊達遠江守
(伊達家)
伊予宇和島10万石四品家督後30歳代-侍従従四位下
権少将
外様国持に差継候表大名
大広間 立花左近将監
(立花家)
筑後柳河10万9,000石朝散大夫家督後-四品従四位下
侍従
外様国持に差継候表大名五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 丹羽左京大夫
(丹羽家)
陸奥二本松10万3,000石朝散大夫家督後-四品従四位下
侍従
外様国持に差継候表大名五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 松平大和守
(越前松平家)
上野前橋17万石朝散大夫家督後数年-四品四品より30年
-従四位下侍従
御家門城主五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 松平出雲守
(前田家)
越中富山10万石朝散大夫家督後数年-四品四品より40年
-従四位下侍従
外様城主五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 松平兵部大輔家
(越前松平家)
播磨明石8万石
(10万石格)
朝散大夫家督後数年-四品四品より30年
-従四位下侍従
御家門城主五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 松平飛騨守
(前田家)
加賀大聖寺10万石朝散大夫家督後数年-四品老年其節次第
-従四位下侍従
外様無城五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 松平右近衛将監
(越智松平家)
石見浜田6万1,000石朝散大夫家督後数年-四品四品より30年
-従四位下侍従
御家門城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 津軽越中守
(津軽家)
陸奥弘前10万石朝散大夫家督後数年-四品大聖寺前田氏に准ずるか
従四位下侍従
外様城主五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る
大広間 南部大膳大夫
(南部家)
陸奥盛岡20万石朝散大夫家督後30年
または50歳-四品
従四位下
権少将
外様大身国持五位の間は柳間詰
四品昇進後に大広間へ遷る

溜詰

溜詰(たまりづめ)は、黒書院溜之間(くろしょいん たまりのま)、通称を松溜(まつだまり)の部屋に入ったことを名前の由来とする。溜間は将軍の執務空間である「奥」に最も近く、臣下に与えられた最高の席であった[2]

代々の溜詰を定溜(じょうだまり)・常溜(じょうだまり)・代々溜(だいだいたまり)などといい、会津藩松平家彦根藩井伊家高松藩松平家の三家がある。また一代に限って溜間に詰める大名家を飛溜(とびだまり)といい、伊予松山藩松平家姫路藩酒井家忍藩松平家川越藩松平家などがある。さらに老中を永年勤めて退任した大名が、前官礼遇の形で一代に限って溜間の末席に詰めることもあり、これを溜詰格といった。

初期の段階では定員は4~5名であり、重要事については幕閣の諮問を受けることとなっていた。また儀式の際には老中よりも上席に座ることになっており、その格式は非常に高いものだった。江戸中期以降、飛溜の大名も代々詰めるようになった。また、桑名藩松平家岡崎藩本多家庄内藩酒井家、越後高田藩榊原家の当主もほぼ代々詰めるようになる。その結果幕末には定員が15名近くになり、その希少性も褪せて、本来の趣旨は著しく形骸化した。

殿席家名領国石高初官経過極官親疎城主備考
溜詰-常溜 井伊掃部頭
(井伊家)
近江彦根35万石従四位下
侍従
家督後-権少将正四位上
権中将
譜代城主
溜詰-常溜 松平肥後守
(会津松平家)
陸奥若松28万石従四位下
侍従
家督後-権少将正四位上
権中将
御家門城主
溜詰-常溜 松平讃岐守
(高松松平家)
讃岐高松12万石従四位下
侍従
家督後-権少将従四位上
権中将
水戸連枝城主
溜詰-飛溜 酒井左衛門尉
(酒井家)
出羽鶴岡17万石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 酒井雅楽頭
(酒井家)
播磨姫路15万石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 松平隠岐守
(久松松平家)
伊予松山15万石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 小笠原大膳大夫
(小笠原家)
豊前小倉15万石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 榊原式部大輔
(榊原家)
越後高田15万石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 松平越中守
(久松松平家)
伊勢桑名11万3000石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 松平下総守
(奥平松平家)
武蔵忍10万石朝散大夫家督後-四品四品より30年
-従四位下侍従
御譜代侍従之家城主五位の間は帝鑑間詰
四品昇進後に溜詰へ遷る
溜詰-飛溜 本多中務大輔
(本多家)
三河岡崎5万石朝散大夫--譜代城主溜詰格

帝鑑間席

帝鑑間ていかんのまは、幕府成立以前から徳川氏に臣従していた大名が詰める席。この席に詰める大名を幕府では譜代大名(「譜代席」)と呼んでいた。

ただし、親藩宍戸藩松平氏広瀬藩松平氏等)や外様大名真田氏等)から願によりこの席に移った大名(御願譜代)や新規取立ながら家格向上によりこの席に移った大名(柳沢氏等)もある。父親が重職者の場合、嫡子(部屋住)は雁間に出る。

殿席家名領国石高初官親疎城主備考
帝鑑間 松平甲斐守
(柳沢家)
大和郡山15万1,000石朝散大夫譜代城主家督後数年-四品
極官-従四位下侍従
帝鑑間 大久保加賀守
(大久保家)
相模小田原11万3,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 阿部伊勢守
(阿部家)
備後福山11万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 堀田相模守
(堀田家)
下総佐倉11万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 酒井修理大夫
(酒井家)
若狭小浜10万3,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 奥平大膳大夫
(奥平家)
豊前中津10万石朝散大夫譜代城主家督後数年-四品
極官-従四位下侍従
帝鑑間 戸田采女正
(戸田家)
美濃大垣10万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 真田信濃守
(真田家)
信濃松代10万石朝散大夫譜代格城主
帝鑑間 土井大炊頭
(土井家)
下総古河8万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 戸田土佐守
(戸田家)
下野宇都宮7万7,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 内藤備後守
(内藤家)
日向延岡7万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 戸沢上総介
(戸沢家)
出羽新庄6万8,000石朝散大夫譜代格城主
帝鑑間 松平主殿頭
(深溝松平家)
肥前島原6万5,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平周防守
(松井松平家)
陸奥棚倉6万4,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平和泉守
(大給松平家)
三河西尾6万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 石川日向守
(石川家)
伊勢亀山6万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平丹波守
(戸田家)
信濃松本6万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 本多下総守
(本多家)
近江膳所6万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 小笠原中務大輔
(小笠原家)
肥前唐津6万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 岡部美濃守
(岡部家)
和泉岸和田6万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 相馬大膳大夫
(相馬家)
陸奥中村6万石朝散大夫譜代格城主
帝鑑間 松平伊賀守
(藤井松平家)
信濃上田5万3,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 脇坂淡路守
(脇坂家)
播磨龍野5万1,000石朝散大夫譜代格城主
帝鑑間 水野出羽守
(水野家)
駿河沼津5万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 水野和泉守
(水野家)
出羽山形5万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 内藤豊前守
(内藤家)
越後村上5万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平紀伊守
(形原松平家)
丹波亀山5万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 秋田信濃守
(秋田家)
陸奥三春5万石朝散大夫譜代格城主
帝鑑間 有馬左衛門佐
(有馬家)
越前丸岡5万石朝散大夫譜代格城主
帝鑑間 松平遠江守
(桜井松平家)
摂津尼崎4万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平壱岐守
(久松松平家)
伊予今治4万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 本多伊勢守
(本多家)
信濃飯山3万5,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 西尾隠岐守
(西尾家)
遠江横須賀3万5,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 土岐山城守
(土岐家)
上野沼田3万5,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平河内守
(能見松平家)
豊後杵築3万2,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 鳥居丹波守
(鳥居家)
下野壬生3万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平山城守
(藤井松平家)
出羽上山3万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 諏訪伊勢守
(諏訪家)
信濃高島3万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 稲垣対馬守
(稲垣家)
志摩鳥羽3万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平佐渡守
(松江松平家)
出雲広瀬3万石朝散大夫御家門城主格定府
帝鑑間 植村出羽守
(植村家)
大和高取2万5,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 酒井石見守
(酒井家)
出羽松山2万5,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 加藤能登守
(加藤家)
近江水口2万5,000石朝散大夫譜代格城主定府
帝鑑間 小笠原相模守
(小笠原家)
越前勝山2万2,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 松平左衛門尉
(大給松平家)
豊後府内2万1,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 内藤丹波守
(内藤家)
三河挙母2万石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 井伊兵部少輔
(井伊家)
越後与板2万石朝散大夫譜代城主格
帝鑑間 松平宮内少輔
(奥平松平家)
上野小幡2万石朝散大夫譜代城主格
帝鑑間 本多越中守
(本多家)
陸奥泉2万石朝散大夫譜代城主格
帝鑑間 保科弾正忠
(保科家)
上総飯野2万石朝散大夫譜代無城
帝鑑間 水野日向守
(水野家)
下総結城1万8,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 堀田摂津守
(堀田家)
下野佐野1万6,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 本多河内守
(本多家)
伊勢神戸1万5000石朝散大夫譜代城主格
帝鑑間 三宅備前守
(三宅家)
三河田原1万2,000石朝散大夫譜代城主
帝鑑間 内藤播磨守
(内藤家)
陸奥湯長谷1万5,000石朝散大夫譜代無城
帝鑑間 堀田豊前守
(堀田家)
近江宮川1万3,000石朝散大夫譜代無城定府
帝鑑間 小笠原信濃守
(小笠原家)
播磨安志1万石朝散大夫譜代無城
帝鑑間 本多肥前守
(本多家)
播磨山崎1万石朝散大夫譜代無城
帝鑑間 松平大炊頭
(水戸松平家)
常陸宍戸1万石朝散大夫水戸連枝無城定府
帝鑑間 松平日向守
(福井松平家)
越後糸魚川1万石朝散大夫御家門無城定府
帝鑑間 松平志摩守
(松江松平家)
出雲母里1万石朝散大夫御家門無城定府
帝鑑間 丹羽長門守
(丹羽家)
播磨三草1万石朝散大夫譜代無城定府
帝鑑間 柳沢刑部少輔
(柳沢家)
越後黒川1万石朝散大夫譜代無城定府
帝鑑間 柳沢信濃守
(柳沢家)
越後三日市1万石朝散大夫譜代無城定府
帝鑑間 小笠原近江守
(小笠原家)
豊前小倉内新田1万石朝散大夫譜代無城
帝鑑間 榊原越中守
(榊原家)
駿河久能1,800石朝散大夫表御礼衆無城交代寄合
帝鑑間 菅沼新八郎
(菅沼家)
三河新城7,000石無位無官表御礼衆無城交代寄合
帝鑑間 松平中務
(久松松平家)
下総飯笹6,000石無位無官表御礼衆無城交代寄合
帝鑑間 松平玄蕃
(竹谷松平家)
三河西郡4,500石無位無官表御礼衆無城交代寄合

柳間席

柳間(やなぎのま)は、五位および無官の外様大名交代寄合表高家・並の寄合衆が詰める部屋。准国主でも五位の時はここに詰め、四品に昇進すると大広間に移る。各家の嫡子もみな同席。

雁間詰

雁間(かりのま)は、幕府成立後に新規に取立てられた大名のうち、城主の格式をもった者が詰める部屋。老中や所司代の世子もこの席に詰めた。ここに詰める大名は「詰衆」と呼ばれ、他の席の大名とは異なり毎日登城するため、幕閣の目に留まり役職に就く機会が多かった。そのため、帝鑑間からこの席への移動を望む大名も多かった。雁間・菊間広縁を総称して「雁菊」という。

菊間広縁詰

菊間広縁(きくのま ひろえん)は、菊間縁頬(きくのま えんきょう)ともいい、幕府成立後新規取立の大名の内、無城のものが詰める部席。旗本役である「大番頭、両番頭、旗・鑓奉行武役の職」の詰席でもある。

菊間

菊間(の本間)は雁間大名の嫡子の席とされ(「詰衆並」)、大名当主が詰めることはなかった。父が若年寄、奏者番に勤仕中であれば嫡子は菊間にでる。

脚注

注釈

  1. 家中騒動の懲罰により、一旦大広間に陥落
  2. 将軍家からの養子縁組以降。それ以前は極官も従四位下侍従まで。
  3. 将軍家からの養子縁組以降。それ以前の極官は従四位下侍従まで。
  4. 将軍家からの養子縁組以降。

出典

  1. 深井雅海『江戸城-本丸御殿と江戸幕府』(中公新書 2008年)P26
  2. 深井雅海『江戸城-本丸御殿と江戸幕府』(中公新書 2008年)P24

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.