伊大知良太郎

伊大知 良太郎(いおち りょうたろう、1908年 - 1985年)は日本経済学者一橋大学名誉教授。一橋大学経済研究所長、日本統計学会会長等を歴任した。

人物・経歴

東京出身。1931年旧制東京商科大学(現一橋大学)卒業。1934年同研究科修了。台北高等商業学校教授[1]総理府統計局横浜国立大学教授[2]を経て、一橋大学経済研究所教授を務めた[3]。1963年から高橋長太郎の後任として第8代一橋大学経済研究所長を務めた。1965年に所長を退任し都留重人と代わる[4]。1971年から1972年まで第10代日本統計学会会長[5]。1973年一橋大学定年退官、一橋大学名誉教授[3]東海大学教授。永島孝(一橋大学名誉教授)は娘婿[6]。指導学生に黒田重雄北海道大学名誉教授)[7]前川功一(元広島大学副学長)[8]など。伊大知ゼミ出身者としては他に中田安彦(元ローソン社長)[2]などがいる。

著書

脚注

  1. 渡辺邦博「台北高等商業学校の商業教育関係資料 について」
  2. 「第12回 中田 安彦さん 」横浜国立大学
  3. 一橋大学経済研究所
  4. 「歴代所長」一橋大学経済研究所
  5. 「歴代会長・歴代理事長」日本統計学会
  6. 「履歴」
  7. 「昭和44年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.