企画統計局 (琉球政府)

1957年7月1日の機構改革において、統計部や経済企画室の業務を統合したものである。1961年8月1日内政局と統合し、計画局となった。

企画統計局(きかくとうけいきょく)は、琉球政府の行政事務部局のひとつ。政策の企画などを所管した。

所掌事務

企画統計局の所掌事務は以下の通りである(1957年7月1日現在)

  • 経済に関する基本的政策の総合立案及び調整に関すること
  • 長期経済計画の策定及び推進に関すること
  • 経済動向、外国人の投資、国民所得等の調査及び分析に関すること
  • 人口問題の調査及び分析に関すること
  • 統計に関すること

組織

企画統計局の組織は以下の通りである(1957年7月1日現在)。外局および附属機関はない。

内部部局

  • 庶務課
  • 企画調整課
  • 経済計画課
  • 統計基準課
  • 統計調査課
  • 統計製表課

支分部局

  • 統計調査事務所

参考文献

  • 照屋栄一『沖縄行政機構変遷史 明治12年~昭和59年』照屋栄一、1984年

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.