企業会計基準委員会

企業会計基準委員会(きぎょうかいけいきじゅんいいんかい;英名 Accounting Standards Board of Japan, ASBJ)は、財務会計基準機構の内部組織である日本の会計基準設定主体。


設定の経緯

従来、わが国の企業会計基準は金融庁長官の諮問機関である企業会計審議会が作ってきた。しかし、2001年に国際会計基準委員会(IASC)が国際会計基準委員会財団(IASCF)国際会計基準審議会(IASB)に改組された際に、加盟国の基準設定主体は民間団体でなければならないとされた。[1]
そこで、財務会計基準機構が新設され、併せて会計基準設定主体が民間の企業会計基準委員会に移された。同委員会は、IASBの活動に参加し、各国の会計基準設定主体と連携しながら、国際的な会計基準の整備等を進めている。

公表内容

企業会計基準委員会は、基本原則としての「企業会計基準」、詳細ルールとしての「企業会計基準適用指針」、企業会計基準がカバーしていない領域の当面の取扱い等を示すための「実務対応報告」という3つを通じて意見を公表している。[2]

委員一覧(2020年11月8日現在)

企業会計基準委員会の委員は企業会計基準委員会のホームページで公開されている[3]

役職氏名備考
委員長小賀坂 敦(常勤)企業会計基準委員会委員長(常勤)
副委員長川西 安喜(常勤)会計基準設定主体国際フォーラム(IFASS)議長
委員広瀬 英明(常勤)企業会計基準委員会委員(常勤)
委員矢農 理恵子(常勤)企業会計基準委員会委員(常勤)
委員小倉 加奈子日本公認会計士協会 副会長
委員熊谷 五郎みずほ証券(株) グローバル戦略部 産官学連携室 上級研究員
委員小出 篤学習院大学法学部教授
委員五反田屋 信明東電設計株式会社 経営管理ユニット経理部長
委員塩谷 公朗三井物産株式会社 監査役
委員丹 昌敏住友化学株式会社 経理部長
委員徳賀 芳弘京都大学経済学研究科・経営管理大学院教授 京都大学副学長
委員平井 直樹野村證券 IB ビジネス開発部 財務戦略グループ シニア・オフィサー
委員藤田 智道みずほフィナンシャルグループ 主計部長 兼 みずほ銀行 主計部長 兼 みずほ信託銀行 主計部長
委員渡部 仁日本生命保険相互会社 理事保険計理人

註解

  1. セーフティジャパン インタビュー - 日本企業はなぜ国際会計基準への対応で苦労するのか
  2. 日本公認会計士協会会長証明 「企業会計基準委員会の会計基準適用指針及び実務対応報告について」平成14年4月16日
  3. https://www.asb.or.jp/jp/fasf-asbj/list.html

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.