仲介者の排除

仲介者の排除 (ディスインターミディエーション: disintermediation)とは、サプライチェーンから仲介をなくすこと、中抜きを排除することである[1]仲介業者流通業者卸売業者ブローカー代理店など)があった従来の流通チャネルを経由する代わりに、企業はインターネットなどを介して顧客と直接取引できるようにすること[2]

仲介者排除プロセス
中間体Bは、cに直接接続するためにAによってバイパスされる場合がある。
Webvanは北米のスーパーマーケット業界から中抜きを排除するという目標を達成できなかったが、いくつかのスーパーマーケットチェーン( Safeway Inc.など)は、Webvanが対応するニッチ市場をターゲットとする独自の配信サービスを開始した。

概要

日本では中抜きがずっと根深い問題である。アメリカと同レベルの生産性を誇るドイツは日本並みの企業数で、中小企業の比率も高い。だがドイツの中小企業の利益率は大企業と同等か、むしろ高くなっており、中小企業=低付加価値にはなっていない。日本の中抜き問題は元請けと最終的に施工・製作する企業の間にいくつも入っている付加価値の低い中小企業が非常に多いことにある[3]。 中抜きを排除すると、顧客にサービスを提供するための総コストが削減され、製造業者は利益率を上げたり、価格を下げたりすることができる。消費者によって開始された中抜き排除は、多くの場合、バイヤーが製造業者からの直接供給価格を認識した結果であり、市場の透明性が高いことを示している。バイヤーは、インターネットなどを活用して仲介業者(卸売業者と小売業者)を迂回して製造業者から直接購入し、より安い金額で購入できる。バイヤーは代わりに販売業者から買うことも選択できる。インターネットによりこのプロセスも電子化されている。多くの場合、企業対消費者間電子商取引(B2C)企業は、バイヤーとメーカーの間の架け橋として機能する。中抜きを排除を行う場合、製造業者は、商品の物理的な輸送、小単位での梱包、広告、顧客サポートなどの流通コストを負担する。

歴史

この用語は、もともと1967年に銀行業界で生まれた。消費者が普通預金口座に預金する代わりに、証券(政府および民間債券、保険会社ヘッジファンド投資信託株式)に直接投資することによって銀行の仲介を回避する動きが起きた[4] [5]。 この動きのきっかけになったのは米国政府の規制(レギュレーションQ)により、連邦預金保険公社によって保証された、利付口座に付与される金利が制限されたことだった。

その後も、銀行業界での事柄を指すことが多かったが、より一般的な商取引のも中間流通業者の排除が適用されていった。これが一般的になったのは1990年代後半になってからであった。

インターネット関連の仲介がさまざまな業界に与える影響

インターネットによる市場の透明性の促進は、サプライチェーンの仕組みを変更するといわれてきた。インターネット上の仮想市場の出現により、仲介者の排除は新しい意味を獲得した。 Amazon.comのような仮想市場の売り手は仲介業者を排除している。仮想マーケットプレイスベンダーによって作成されたプラットフォームにより、販売者と購入者は相互に直接つながることができる。しかし、仮想マーケットプレイスを使い続けるかどうかは互いの好意に依存している。仮に、販売者と購入者がこのプラットフォームを迂回して直接取引を行うと、プラットフォームベンダーが収益分配を得られなくなる。これは、新しい形の中抜き排除と見なすこともできる。

討論

インターネット以外の世界では、ウォルマートのようにサプライヤーとバイヤーの間の仲介業者の数を減らすことで価格を下げようとする多くのロードサイド小売業者にとって、中間流通業者の排除は重要な戦略であった。在庫の必要がなければ仲介流通業者の必要性のひとつがなくなるため、中間流通業者の排除にはジャストインタイム製造のアイデアとも密接に関連している。 1990年代の日本ドイツの経済パフォーマンスの低さの理由として、仲介者の排除を阻止する法律の存在が挙げられている。

ただし、インターネット関連の仲介者の排除は、ドットコムブームの間には予想されたよりも発生しなかった。小売業者と卸売業者は、クレジットの延長、さまざまなサプライヤからの製品の集約、返品の処理などの重要な機能を提供する。さらに、多くの場合、製造業者との間の商品の配送は、消費者が商品を受け取る店舗に商品を配送するよりもはるかに効率が悪い可能性がある(消費者が店舗へ行く手間を無視した場合)。仲介者の排除の脅威に対して、一部の小売業者は、仮想店舗と物理店舗をブリック・アンド・クリックと呼ばれる戦略に統合しようと試みた。

仲介モデルの再興

再仲介は、エンドユーザー(消費者)と生産者の間に仲介者が再導入されることである。この用語は、特に、仲介者の排除がされたところに再度仲介者が入る場合に使われる[2]

インターネット革命が始まった当初、電子商取引は運用コストを削減するための仲介手段と見なされていた。消費者がインターネットを介して生産者から直接製品を購入できるようにすることで、製品の配送チェーンが大幅に短縮され、標準的な供給モデルの仲介業者が「仲介」されなくなるというコンセプトであった。しかし、実際には、新しい仲介者がデジタル環境に登場してきた(例: Amazon.comおよびeBay[6]

再仲介は、eコマースを使って仲介者を排除し、直接販売モデルを取った場合に発生する多くの新しい問題が原因で導入された。多くの小口注文の出荷に対応するコスト増、大規模な顧客へのサービスの問題、排除された小売業者や供給チャネルのパートナーからのクレームに対応するなどの課題が発生した。個々の消費者の販売前および販売後の問題に対応するには、膨大なリソースが必要となる。仲介者を排除する前は、サプライチェーンの仲介業者が生産者の販売員を務めていたが、仲介者が不在の場合、生産者自身が営業を行う必要がある。オンラインでの販売には、独自の関連コストがかかる。高品質のWebサイトの開発、製品情報の維持、およびマーケティング費用などだ。最後に、製品販売をインターネットチャネルに限定すると、生産者はインターネット上で他のサイトと競合しながら集客を自分で行う必要がある。インターネット上での集客にはさまざまなテクニックと費用が必要になってきている。

成功した企業の例

中抜き排除に成功した例は、 デルアップルが自分のシステムの多くを消費者へ直接販売し、伝統的な小売チェーンを回避している。これらは顧客に認めらるブランドの確立、収益性と継続的な成長の基盤を作ることに成功した。

関連項目

脚注

  1. Wake Forest. Infinite Financial Intermediation. page 50. Law Review 643 (2015)
  2. Chircu, Alina M.; Robert J. Kauffman (1999). “Strategies for Internet Middlemen in the Intermediation/Disintermediation/Reintermediation Cycle”. Electronic Markets 9 (1–2): 109–117. doi:10.1080/101967899359337.
  3. 日本人を貧しくする商習慣「中抜き」がヤバい訳 | ニューズウィーク日本版 (日本語). 東洋経済オンライン (2020年8月9日). 2021年2月6日閲覧。
  4. Gellman, R. (1996). Disintermediation and the Internet. Government information quarterly, 13(1), 1-8.
  5. Belke, Ansgar; Thorsten Polleit (2011). Monetary Economics in Globalised Financial Markets. Springer Science & Business Media. p. 73. ISBN 978-3540710028. https://books.google.com/books?id=1brgD-N04X8C 2017年1月9日閲覧。
  6. Sarkar, Butler and Steinfield. Intermediaries and Cybermediaries: A Continuing Role for Mediating Players in the Electronic Marketplace. 1995.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.