代謝物質

代謝物質(Metabolite)は、代謝の過程の中間生産物及び最終生成物である。代謝物、代謝産物、代謝生成物ともいうが、代謝物質というと代謝をうける前の物質もいうことがある[1]。通常は小分子に限られる。一次代謝物質は、生物の成長、進化、生殖に直接関わるものである。例えばアルコールは、工業微生物的に大量生産される一次代謝物質である。二次代謝物質は、上記の過程には直接関わらないが、例えば抗生物質色素等、重要な生態学的機能を持つ物質である。抗生物質の中には、一次代謝物質を前駆物質として用いるものもある。例えば、アクチノマイシンは一次代謝物質のトリプトファンから作られる。

工業微生物学で生産される一次代謝物質の例には、次のようなものがある[2]

分類
アルコールエタノール
アミノ酸グルタミン酸、アスパラギン酸
核酸5' グアニル酸
抗酸化物質イソアスコルビン酸
有機酸酢酸, 酪酸
ポリオールグリセロール
ビタミンB2

メタボロームは、代謝物質の反応の大きなネットワークであり、ある酵素化学反応の生成物が別の化学反応に過程入る。

出典

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.